カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. リハビリ(脳卒中) >
  5. 言語障害の後遺症には専門家の指導を受けたい… 専門家言語聴覚士は何をしてくれるの?

生活習慣病

言語障害の後遺症には専門家の指導を受けたい… 専門家言語聴覚士は何をしてくれるの?

 

脳卒中は、日本において死因の上位を占めることもさることながら、発症して一命をとりとめても、後遺症が残る可能性も高い病気です。

そのため脳卒中を生じた後の後遺症に苦しむ患者さんが多くいます。

 

脳卒中で起こる言語障害

脳卒中において脳の特定の場所が障害されると、言語障害が起こります。

言語障害は障害された脳の場所や程度によって、見られる障害が大きく違います。

そのため、言語障害のリハビリをするには、それぞれの状態にあった訓練を受けることが望まれます。

 

言語聴覚士によるその人に会った指導を

脳卒中の後遺症にリハビリが行われます。特に言語障害の場合、その障害について指導をしてくれる言語聴覚士がいます。

患者さんの障害の状態はそれぞれ違いますし、さらには患者さんの持つ背景も様々です。

どれくらい言語機能を回復するのが理想なのかは、10代の若者と80代の高齢者では大きく違うように、患者さんによって三者三様なのです。

言語聴覚士は患者さんに応じての専門的な指導をしてくれますので、その後の生活を考えると積極的に指導を受けたいところです。

 

言語聴覚士の指導って?

言語聴覚士は、患者さんや家族の希望に応じて、面談、検査、訓練などをしてくれます。

さらに患者さんが持つ障害についての知識を説明してくれたり、周りの人の接し方を説明してくれたりもします。

これによって患者さんや家族に、これから先に生じる様々な問題を、できるだけ減らす方向に持っていってくれます。

ただし言語の専門家に指導を受けたからと言って、言語機能が元に戻るということではありません。見込めるのはある程度の回復と、その後その障害を付き合っていく方法の取得です。

 

病院によっては言語聴覚士がいない場合もあります。その場合には医師に、言語聴覚士の指導を受けられる場所を相談するとよいです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E7%AC%91%E9%A1%94-%E7%AC%91%E3%81%84-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%AD%AF-%E5%8F%A3%E3%81%AE%E4%B8%AD-%E3%81%82%E3%81%94-122705/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

リハビリ(脳卒中)に関する記事

脳卒中の後遺症…実は大切な「心のリハビリ」!みんなで、ゆっくり、リハビリをしていこう

  脳卒中は後遺症が残りやすく、リハビリが不可欠になります。 脳卒中後は思う...

脳卒中患者のためのリハビリとは リハビリが必要な脳卒中の後遺症

脳卒中は脳の細胞にダメージを与える病気ですので、治療が成功した後も手足をはじ...


脳卒中の急性期のリハビリテーションってどんなもの?

     脳卒中の急性期におけるリハビリはベッドサイドおよびベッド上で行われ...

急性期でも維持期でも!脳卒中などで起きた片麻痺の介助ポイント

家族が片麻痺になったとしたら、どのように介助をして行ったら良いのかポイントを...

カラダノートひろば

リハビリ(脳卒中)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る