カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 病院 >
  5. 脳卒中の危険が増す「頸動脈狭窄」!脳卒中予防のためには手術が必要になることも…

生活習慣病

脳卒中の危険が増す「頸動脈狭窄」!脳卒中予防のためには手術が必要になることも…

 

動脈硬化は体に様々な影響を及ぼします。その動脈硬化がどこに特に起こっているかによって、引き起こされる病気を想定することもできます。

そのため危険な動脈硬化、つまり血管の狭窄がある場合には脳卒中などを起こしていなくても手術をする必要があるのです。

 

危険な「頸動脈狭窄」

脳卒中を引き起こしやすい、特に再発を起こしやすい状態のひとつが「頸動脈狭窄」です。

頸動脈狭窄というのは、首の両側を通る頸動脈が動脈硬化によって狭窄するものです。頸動脈は心臓からの血液を、脳などの頭部に送る太い血管です。

そのため脳卒中との関連が強く、この血管が障害されているということが、そのまま脳卒中発生の危険と相関するのです。

特に脳梗塞を起こしたことのある人が、頸動脈狭窄に気づかず、脳梗塞を繰り返し再発するというケースもあるようです。

 

頸動脈狭窄の治療には手術が必要

頸動脈狭窄を治療する方法として近年注目されているのが、「頸動脈内膜剥離術」です。

頸動脈狭窄は先述の通り、頸動脈の動脈硬化が進んだ状態で、血管内の壁にコレステロールなどのかたまり(プラーク)がたくさんたまっています。

頸動脈内膜剥離術というのは、頸動脈の中のたまったこのプラークを取り除いてあげる手術です。

脳卒中をまだ起こしていない場合には脳卒中の予防になりますし、すでに起こしたことがある人は再発予防ということになります。

 

どんな手術?

頸動脈内膜剥離術は全身麻酔で行う手術です。首の筋肉の一部を切開して行います。

手術後に再び血栓ができないようにヘパリンという薬剤を注射し、頸動脈の血流の一部を遮断して、血管内の手術をします。

頸動脈を切り開き、中に溜まったプラークを壁から丁寧にはがしていきます

プラークを剥がし終えたら血管の中をきれいにし、切開した血管や皮膚を縫合して終わりです。

手術時間は約2時間ほどということです。合併症の有無によって変わりますが、基本的には10日間ほどの入院で済むのだそうです。

 

脳卒中は起こったら、一瞬で命がなくなることもあります。そのため脳ドックなどで脳疾患の可能性を知っておくことは大切ですし、頸動脈狭窄が見つかったなら、早めに対処することが望まれます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/09/23-027817.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病院に関する記事

脳卒中の治療法するには?~脳梗塞・脳出血の治療法

  脳卒中を起こした場合にはどの様な治療法があるのでしょうか。    ...

知らなかった!脳梗塞の診断と治療 病院ではどんな検査が行われる?

  脳梗塞になってしまった場合、病院ではどのような検査が行われどのような治...


脳卒中の検査~病院ではどんな検査を受ける?

   脳卒中とは一般名称で、医学的に言うと脳血管障害と言います。 大きく...

脳卒中の再発予防に薬物療法 「抗血栓療法」で血栓ができないように予防できる!

  年齢が上がるにつれて、悪い生活習慣が体に蓄積して悪影響が出てくることがあり...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る