カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 後遺症 >
  5. 目には見えない後遺症「情緒障害」 全ての後遺症に悪影響を及ぼすのは何故?

生活習慣病

目には見えない後遺症「情緒障害」 全ての後遺症に悪影響を及ぼすのは何故?

 

脳卒中の治療後、最も苦しいのは後遺症に対するリハビリです。もちろん障害された部位、程度、症状によって、リハビリの大変さも大きく変わります。

 

情緒障害という後遺症

脳卒中の後遺症としてよく知られているのは、片側のマヒや言語障害です。この他にも視覚障害や感覚障害、失認や失行という後遺症もあります。

いずれにしろ脳が障害されたことによって身体機能が低下した状態で、こうした後遺症の方が大きく取り上げられがちです。しかしこうした障害だけが後遺症ではありません。

「やる気が出ない」「気分が落ち込む」といった情緒的な障害も、後遺症のひとつと考えられることがあります。

 

突然奪われる「当たり前にできていたこと」

脳卒中は、患者さんにとっては突然の出来事です。ある程度は前兆症状のようなものもありますが、それに気づけるかどうかというと少し難しいようです。

脳卒中である日突然倒れてから、急にそれまで当たり前に動かせていた体が思うように動かなくなったということは、患者さんにとっては大きなショックです。

 

情緒障害は他の後遺症に悪影響を及ぼします

リハビリはつらさを伴うものです。そのため、リハビリをして、障害を負った機能を回復させていくにあたって、患者さん本人の気持ちが欠かせません

情緒障害がある場合、リハビリや自分の生活、自分自身の将来に対する自発性がなくなってしまいます。そのため、何においても積極的になれず、全てにおいて悪循環になってしまうのです。

 

脳障害からくる情緒障害もある

脳卒中によって脳の血流循環が障害されたり、特定部位が障害されることによって、情緒障害が起こることもあります。このような場合には薬物療法によって状態を改善することもできます。

 

 

それまでできていたことが失われるというのは、それがそのままその人の価値が失われたことのように思えてしまいます。ですが、その人自身の人格が変わってしまったわけでもないですし、失ったものがその人の価値を決めていたわけでもありません。ですから、本人及び、専門医、そして周りの人間とともに考え方を変えていくことが必要です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E7%94%B7-%E9%A1%94-traugikeit-%E7%B5%B6%E6%9C%9B-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88-%E6%8A%91%E5%9C%A7-%E5%96%9C%E3%81%B3-93951/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

脳卒中の後遺症ってどんなもの?

 脳卒中になると脳の損傷部位に応じて様々な障害が現れます。 代表的なものと...

脳卒中の様々な後遺症~失行・失認~

     脳卒中とは一般名で、医学用語は脳血管障害と言います。   脳の...


危険の前触れ!?脳卒中の後遺症「言語障害」の種類と症状について

  脳卒中とは一般名で、医学用語は脳血管障害と言います。 脳の血管が詰まったり...

正しく理解して接しよう!言語障害の後遺症の患者と接する7つのポイント

  脳卒中は、脳の細胞が傷つくため、一命をとりとめても障害が残りやすい病気です...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る