カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 予防 >
  5. 起こってから後悔しても遅い!脳卒中の予防には「脳ドック」を受けることが大切です

生活習慣病

起こってから後悔しても遅い!脳卒中の予防には「脳ドック」を受けることが大切です

 

普段から血圧や血糖値などに気を配っていて、健康診断も定期的に受けているという人であっても、脳の健康に自信があるかというと、それは難しいようです。

実際、定期的に健康診断を受けていても、脳まで調べる人というのは少数でしょう。

しかし、脳の病変には突然死につながるものもあり、軽視できません

 

脳卒中は起こってからでは遅い

日本における死因や、後遺症、寝たきりの原因として多く上げられるのが脳卒中です。脳卒中というのは「脳の血管がつまったり、破れたりすることで、色々な脳の症状があらわれる状態」のことです。

一瞬で命を落としたり、一命をとりとめても、言語障害や麻痺などの重い後遺症をもたらすことが少なくありません。

この脳卒中はこうした特徴のため、「発症してからの対処」では遅く、「発症を防ぐための予防」が非常に重要です。

しかし、人間ドックや毎年の健康診断では、脳の健康を調べることはしません。そこで選択肢として挙がるのが脳ドックです。脳ドックはMRI検査やCT検査によって脳の病変を見つけることができます。

 

脳ドックで異常が見つかったら?

では、実際に脳ドックで異常が見つかったらどうなるのでしょうか。脳ドックで対象となるのは、自覚症状のない脳の病変です。そのため見つかったとしても、多くの場合ですぐに手術をするということにはなりません

そのため多くは「経過観察」になります。といっても、そのままそれまでの生活をしていくのではなく、食事や運動などの生活習慣を改めていく必要はあります。

 

脳ドックはお金がかかる?

脳ドックは保険適用外の検査です。そのため病院やクリニックによって料金が異なりますし、検査の内容によっても料金が上下します。基本的には通常の身体の健診よりも高額で、6万円前後でプラスマイナス3~4万円の幅があるとみたほうがよいでしょう。

 

 

料金との相談にもなりますが、安ければそれだけ検査の種類も少ない可能性もあります。自分の脳卒中の成りやすさとの折り合いから、コースを選択してもよいでしょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-%E5%8C%BB%E7%99%82-%E3%83%A9%E3%83%9C-%E8%A8%BA%E6%96%AD-%E8%A1%80-%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-%E8%A8%BA%E6%96%AD%E5%8C%BB-313861/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防に関する記事

最近増加している若い世代のくも膜下出血の原因と予防法とは!

  脳卒中の一つのくも膜下出血ですが、高齢者の病気と思っていませんか?最近は、...

「脳ドック」受けたことある?脳卒中の予防のために、脳を調べて自分の健康を正しく知ろう!

  脳卒中は日本における死因の第3位となっています。それだけでも十分に対策する...


脳卒中予防の秘あ脳卒中予防の秘訣はこれだ!塩分の摂りすぎに注意!カリウムを摂取しよう!訣はこれだ!

からだが思うように動かなくなるかもしれない脳卒中は、40歳以上に多くみられる...

薄味に慣れることが脳卒中予防につながる?!薄味に慣れるためのコツ

脳卒中は糖尿病などと並んで生活習慣病の一つから来る病気だと言われています。 ...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る