カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 基礎知識 >
  5. 「倒れる」だけが脳卒中じゃない!見逃してしまいやすい脳卒中のこんな症状、知ってますか?

生活習慣病

「倒れる」だけが脳卒中じゃない!見逃してしまいやすい脳卒中のこんな症状、知ってますか?

 

一言で脳卒中といっても、それはいくつかのタイプにわけることができます。脳の血管がつまっておこる脳卒中もあれば、血管が破裂しておこる脳卒中もあるのです。そのため脳卒中でみられる症状も実に多様です。

 

脳卒中は「急に倒れる」だけではない!

脳卒中のイメージからすると、「突然倒れて意識がなくなり、救急車で運ばれる」という状態が浮かびます。そうした症状も確かにあるのですが、そういった明らかに重症とわかる症状の他に、脳卒中と気づかないような症状もあります。

そのため、様子を見ている内に悪化して、病院についたときには手遅れということも少なくありません。

ですから、脳卒中の可能性がある人(特に高血圧などの生活習慣病を発症している人)は、脳卒中の症状について知っておくべきです。

 

こんな症状も脳卒中の症状です!

・頭痛

激しい頭痛の場合、くも膜下出血の可能性があります。頭痛に嘔吐や吐き気を伴うこともあります。

 

・回転性めまい

自分や周囲が回って見えるめまいです。これも嘔吐や吐き気を伴うことがあります。

 

・意識異常

反応が鈍い意識がもうろうとしている、わけのわからないことを言うなどが見られます。また、理由もないのに暴れるということもあります。

 

・手足の異常(ろれつがまわらない、顔を含む半身の脱力)

口の片方から食べ物をこぼしたり、食事中に箸を落としたり、片側の足でつまずくなどが見られます。

 

・感覚異常

顔や手など体の片方の感覚がおかしくなることもあります。入浴した際に体の半分に熱さを感じないこともあります。

 

・目の異常

片目が見えなくなる、視野の半分が見えなくなる、ものが二重に見えるなどがあります。

 

・言語異常

言いたいことが言えない書けない、言葉を理解できないといった症状がでることがあります。

 

・バランス異常

立つ、座る、歩くといった動作の際にバランスを崩してしまいます。

 

 

他にも記憶障害が見られることもあります。これらの症状は知っていなければ脳卒中の症状だと気づかないと思います。

症状が軽く見えるからといって、脳卒中が軽度ということではありません。

いざというときに正しい対処ができるように、こうした症状も知っておきましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88-%E7%94%B7-%E9%A1%94-%E9%A0%AD-%E8%82%96%E5%83%8F%E7%94%BB-%E6%B0%97%E5%88%86-%E6%89%8B-%E7%9B%AE%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E6%B8%A1%E3%81%99-268906/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

3代脳卒中「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」それぞれの脳卒中の特徴とは?

  脳卒中という言葉は正式な医学用語ではなく、正しくは、「脳血管障害」といいま...

脳卒中の基礎知識~脳卒中にかかる人ってどれくらい?

   脳卒中とは一般的な名称です。医学的に言うと脳血管障害と言います。 ...


知っておこう、クモ膜下出血についての基礎知識~症状とその治療

  クモ膜下出血と言えば“ハンマーで後頭部を殴られたような痛み”として表現...

脳卒中は元気な人ほどなりやすい?!原因を持つ人の特徴について

  脳卒中とは何らかの理由で脳で出血が起こることによって発症します。脳卒中...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る