カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 基礎知識 >
  5. 3代脳卒中「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」それぞれの脳卒中の特徴とは?

生活習慣病

3代脳卒中「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」それぞれの脳卒中の特徴とは?

 

脳卒中という言葉は正式な医学用語ではなく、正しくは、「脳血管障害」といいます。ですが、一般的には脳卒中と呼ばれています。

脳卒中とは脳の病気が原因で突然倒れることをいいます。ここで脳卒中の3代表それぞれの特徴や症状について見ていきます。

 

脳梗塞の特徴

動脈硬化や、動脈が収縮することにより血液が脳に運ばれずに、酸素や、ブドウ糖不足を引き起こし、脳の組織が壊死、またはそれに近い状態になることをいいます。

脳梗塞は以下のような特徴があります

・日本人では年間50万人が発症する

・死亡する割合が多い

・助かっても後遺症が残るケースが大半で、要介護となる可能性がある

<主な症状>片側の麻痺、言語障害、めまい、片側の失明、運動障害など

 

脳出血の特徴

脳内の血管が何らかの原因で破裂し、脳の中に出血が広がってしまう状態です。

・全体の70%が高血圧が原因

・血液疾患が原因

<主な症状>頭痛、嘔吐、吐き気、意識障害、片側の麻痺など

 

クモ膜下出血の特徴

脳には髄膜というもの脳を包む3つの層が存在します。

3つの層とは「硬膜」「クモ膜」「軟膜」で、クモ膜と軟膜の間のくも膜下腔に出血が生じ、脳脊髄液に血液が入ってしまった状態をクモ膜下出血といいます。

・頭部CTですぐにわかる

・原因は脳動脈瘤の破裂によるものが80%を占めている

・運動や、興奮などで血圧が急上昇することがきっかけになる

・そのまま意識を失うことが多い

<主な症状>突発的な頭痛(数日間持続)、嘔吐など

 

脳卒中は早期の対処がとても大切です、1分1秒でも早く治療することにより、後遺症や死を免れる可能性があるからです。

そのため、発症した場合は、その場で出来る応急処置と、専門医のいる病院へ即座に運ぶことが非常に重要なのです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/01-364375.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

知っておこう、クモ膜下出血についての基礎知識~症状とその治療

  クモ膜下出血と言えば“ハンマーで後頭部を殴られたような痛み”として表現...

脳卒中は元気な人ほどなりやすい?!原因を持つ人の特徴について

  脳卒中とは何らかの理由で脳で出血が起こることによって発症します。脳卒中...


脳卒中の基礎知識!虚血性病変と出血性病変

脳卒中とは脳血管障害の一般的な名称です。脳血管障害は、虚血性病変と出血性病変に...

頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害…くも膜下出血の発症は飲酒や喫煙が原因かも?!

  突然バットで殴られたような激しい頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害が突然のように襲...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る