カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 基礎知識 >
  5. 原因 >
  6. LH比とはコレステロールのバランスを示す!~動脈硬化の予防~

生活習慣病

LH比とはコレステロールのバランスを示す!~動脈硬化の予防~

 

LH比とは、LDHコレステロールとHDLコレステロールのバランスを指します。このバランスによって血液の健康度合いがわかります。今回は、LDHコレステロールとHDLコレステロールは血液の健康にどのように関係するか、また、LH比を求めるにはどうすれば良いかを紹介します。

 

LDHコレステロール・HDLコレステロールとは?

 

LDHコレステロールは一般的には悪玉コレステロールと呼ばれることが多いです。LDHコレステロールは脂質が必要な細胞、もしくは脂肪を蓄積する細胞まで脂質を運びます。ただし、脂肪が細胞に蓄積できる容量を越えると血管に脂肪が溜まってしまいます。HDLコレステロールは一般的には善玉コレステロールと呼ばれることが多く、血液中の余分な脂質を肝臓に運びますLDHコレステロール・HDLコレステロールのバランスがある一定の値であれば健康です。

 

血液の脂質が異常とされる場合

 

血液の脂質が異常とされる場合には、LDHコレステロールが高すぎる場合とHDLコレステロールが低すぎる場合があります。LDHコレステロールが高すぎる場合は「高LDHコレステロール血症」と言います。HDLコレステロールが低すぎる場合は「低HDLコレステロール血症」と言います。特にLDHコレステロールが高すぎる状態とHDLコレステロールが低すぎる状態を併発すると動脈硬化の危険性が高まります

 

LH比の求め方

 

LH比の求め方は「LDLコレステロール÷HDLコレステロール」となります。LH比が2.0以上であれば血液中のLDLコレステロールコレステロールとHDLコレステロールのバランスが悪くなっています。食事に気を付けたり、運動を行うようにしてください。

 

 

上記の通りLH比はLDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスをさします。適度なLDLコレステロールとHDLコレステロール量が健康を守ります。野菜をきちんと食べる、肉類ばかり食べない、適度な運動を行うなど普段から気をつけるようにしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/09/21-382291.php?category=172)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

実は遺伝が原因かも…?遺伝による高脂血症(脂質異常症)

  高脂血症の主な原因と言えば生活習慣です。ですが、中には家族性の高脂血症...

気をつけて!閉経後や妊娠中に多い脂質異常症

        脂質異常症は動脈硬化性疾患のハイリスクであり、心筋梗塞や脳梗...


コレステロールや中性脂肪が関係?脂質異常症になりやすい人とは

      脂質異常症とは、血清脂質あるいはリポ蛋白が異常高値を示すものを言い...

脂質は血中のコレステロール値にあまり関係ない?脂質とコレステロールの関係

高脂血症の原因として、血液中のLDLコレステロール値の上昇が原因とされていま...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る