カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 数値の見方 >
  5. 血液を見て呼吸機能を分析する!血液ガス分析検査の基準値を知ろう

健康診断・健康管理

血液を見て呼吸機能を分析する!血液ガス分析検査の基準値を知ろう

 

呼吸機能の検査といえば基本的には吸ったり吐いたりを繰り返して様子を見るものが多いです。

そんな中で、血液を見ることから呼吸機能を分析する血液ガス分析検査というものも存在します。

 

●ガス交換をチェックできる血液ガス分析

呼吸をすると酸素が取り込まれ、二酸化炭素が排出されます。ほかにもさまざまな物質が体の中に入ったり出たりしていますが、基本となるのは栄養分を取り込み、不要物を排出することです。

血液ガス分析では、この栄養分の取り込み・不要物の排出というガス交換がきちんと出来ているかを調べています。

具体的に言うと、息を吸い込むと肺胞と毛細血管がお互いに必要なもの・必要でないものを交換しています。

肺胞からは全身の栄養分となる酸素が渡され、毛細血管は全身で酸素を使った最終的な形態である二酸化炭素が渡されています。

これによって息を吐いたときに二酸化炭素が出ていっているのです。

 

●水素イオン濃度や酸素分圧チェック

血液ガス分析検査はいくつかの物質の基準値設定がありますので、ここでは水素イオン濃度、酸素分圧、炭酸ガス分圧の基準値を見ていきます。

・酸素分圧    : 74.0-104.0mmHg

・水素イオン濃度 : 7.35-7.45

・炭酸ガス分圧  : 37.0-44.0mmHg

測定方法によっては検査基準値が変わることもあるので、実際に検査を受けた病院での基準値を確認する必要があります。

なお、異常値が出た場合は医師から詳しい話があると考えられます。

 

血液ガス分析検査で調べるガス交換は人間が生きていくためには欠かせない仕組みです。

栄養分は食べ物から摂取するだけではなく、酸素も立派な栄養分ですのでガス交換が行われないと体の働きが悪くなってしまいます。

心不全・呼吸不全などを調べる際にも血液ガス分析検査は使われています。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/05/24/14/20/insulin-113200_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

数値の見方に関する記事

全体の1%程度!でも大事な働きをする血清カルシウム

  血液検査で知ることができる項目の中に、血清中の電解質を調べた結果があります...

血液ガス分析検査異常値のときに考えられる病気とは?

  体におけるガス交換の仕組みがしっかり働いているかどうかを確認できるのが血液...


アレルギー体質を調べる!アレルギーに関する健康診断の値IgEとその基準値とは?

アレルギーの子供は年々増えているとも言われます。そんなアレルギーに関する健康...

カラダノートひろば

数値の見方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る