カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 検査 >
  5. 睡眠時無呼吸症候群の検査~簡易PSG検査と入院PSG検査の費用の違いとは?

不眠・睡眠障害

睡眠時無呼吸症候群の検査~簡易PSG検査と入院PSG検査の費用の違いとは?

簡易型睡眠時無呼吸検査(携帯型PSG)は睡眠時無呼吸症候群が疑われるときに行われる検査で、検査の時間は眠っている時間帯です。ただし、簡易・携帯型PSGという名前の場合は家庭で機械をつけて検査するので、緊張する方は少ないと考えられます。

 

一方で同じPSGでも終夜睡眠ポリグラフィーという、入院で行う検査もあります。

 

●簡易PSGと入院PSG検査の費用

終夜睡眠ポリグラフィー検査(PSG)は診療報酬点数では3つに分かれています。

 

まず携帯用装置を使用した場合が720点で、これは簡易PSGの費用となります。3割負担に直すと2160円です。

 

次に、多点感圧センサーを有する睡眠評価装置を使用した場合に250点が追加されるので、3割負担で750円が追加される可能性があります。簡易型睡眠時無呼吸検査(携帯型PSG)では、2160円から2910円くらいの費用がかかると考えてください。

 

そして、それ以外の場合の診療報酬点数が3300円で、3割負担にすると9900円です。入院でのPSG検査の場合は、少なくとも1万円程度かかると考えてください。

 

●入院PSGでは入院費用もかかる

入院してPSG検査を受けるとなると、最低でも一晩は病院に泊まらなければいけないので、検査費用の他に入院費用がかかります。入院費用は大体1日あたり1万円程度ですので、入院PSGの総費用は2万円近くかかる可能性があります。

 

具体的な入院費用やPSG費用を事前に病院に確認しておいた方がよいかもしれません。

 

簡易PSGと入院でのPSGでは、費用に最大で10倍の差があります(入院費含む・3割負担で仮定)。ですが入院PSGでないとわからない項目もありますし、取付による差が小さいのも入院PSGのメリットです。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査では問診等の後に簡易PSG、そして簡易PSGでの異常値が確認できれば入院してPSG検査を受けます。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

寝ている間に脳梗塞が進行?!睡眠時無呼吸症候群を発見できる『パルスオキシメーター』

睡眠時無呼吸症候群は、のど周辺の空気の通り道が狭くなることで(肥満・飲酒による...

家でも出来る検査!?携帯型PSGによる睡眠中の体の検査知ってますか?

  睡眠中に10秒以上の呼吸停止を伴う病気が睡眠時無呼吸症候群で、日本国内には1...


呼吸中枢機能検査で調べる『呼吸中枢』って何のこと?

  睡眠時無呼吸症候群などの判断に役立つ呼吸中枢検査ですが『呼吸中枢』とはいった...

呼吸中枢機能検査の流れと注意点 検査によって分かる疾患とは?

  呼吸は、無理に意識して行わなくても普段から行っているものです。生まれてから死...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る