カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. 食事 >
  6. 更年期対策☆高血圧・コレステロール予防に【旬野菜そら豆とエビのあんかけ豆腐】レシピ

女性のカラダの悩み

更年期対策☆高血圧・コレステロール予防に【旬野菜そら豆とエビのあんかけ豆腐】レシピ

更年期は、今までエストロゲンなどの女性ホルモンによって守られてきた血圧やコレステロールの値が上昇していきます。ダイズ製品に含まれるイソフラボンは植物エストロゲン用物質を含んでいます。減少するエストロゲンを食品で補給していきましょう。そら豆はビタミンB群やカリウムなど豊富で、もめん豆腐にない栄養分を補えるレシピです。旬のこの時期に食べておきたいですね。

 

 

 

【旬野菜そら豆とエビのあんかけ豆腐】

 

【材料】

 もめん豆腐・・・¹/₃丁

 片栗粉・・・少々

 サラダ油・・・大さじ1

〈あん〉

 エビ・・・30g

 乾しシイタケ・・・²/₃枚

 そら豆・・・30g

*中華だし・・・大さじ¹/₂

 みりん・・・大さじ1

 薄口しょう油・・・大さじ1

 料理酒・・・小さじ1

 片栗粉・・・小さじ1

 水・・・大さじ1

 

【作り方】

  1. もめん豆腐をキッチンペーパーに包み、重しをしてしばらく水けをきる。水けが切れたら横半分、縦1/3に切り、片栗粉をまぶしてサラダ油をひいたフライパンでこんがり焼く。
  2. 〈あん作り〉エビは背ワタを取り、皮をむいて酒(少々)の入った熱湯で茹でておく。乾しシイタケは、水で戻して5mmぐらいの厚さにスライスする。そら豆は下茹でしておく。
  3. 鍋に乾しシイタケが浸かるぐらいの水を入れ、火にかける。
  4. エビとそら豆を入れて、火が通ったら*の調味料を入れて最後に水溶き片栗粉を回し入れて、よく混ぜてとろみをつける。
  5. お皿にもめん豆腐を盛り、上からあんかけをかける。

 

==食材マメ知識==

 

そら豆に含まれるレシチン血栓を溶かす効果がありビタミンB2と共に働いて血中コレステロールの酸化を防ぎ血管の若さを保つのに役立ちます。

また、カリウムも豊富で体内の余分な塩分を排出してくれますので、高血圧予防に適した食材です。

 

(Photo by: 著者)

著者: プーちゃんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

ギャバを食べて元気に更年期を過ごそう!アミノ酸の1種キャバの効果

  近年、更年期障害のイライラや、不眠などの睡眠障害、憂うつな精神状態の改...

大豆イソフラボンで更年期症状緩和、骨粗鬆症予防に☆【ペンネ入りトマトビーンズ】レシピ

ホルモンのバランスが崩れてくる45~55歳ぐらいが女性の更年期といわれていますが...


更年期から始めたい「骨粗しょう症対策」カルシウム摂取だけでは不十分!?

更年期障害というと、体の色々な不調が症状となってあらわれることを想像すると思い...

スッポンで更年期症状を改善

  更年期も50~60代になるとこれまで美しい肌や髪の毛を保っていた女性ホルモ...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る