カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 筋肉 >
  4. 重症筋無力症 >
  5. 重症筋無力症のリハビリって具体的にどんなことをするの?リハビリは筋トレと有酸素運動!

気になる病気・症状

重症筋無力症のリハビリって具体的にどんなことをするの?リハビリは筋トレと有酸素運動!

 

重症筋無力症では筋肉の脱力が起きやすいので、少しでも筋肉の脱力を防ぐため、そして健常人の日常生活に戻りやすくするためにリハビリを行っています。

具体的に重症筋無力症でどんなリハビリが行われているのかをチェックしてみましょう。

 

●症状が上向きのときを中心に

重症筋無力症以外の病気のリハビリについてもいえることですが、症状が悪化しているときにはリハビリは出来ません。

ある程度症状が落ち着いている、症状が快方に向かいつつあるといったときに適度な負荷でのリハビリを行います。

患者がリハビリをしたいと望んでも医師からOKが出なければリハビリは出来ませんので、その点は理解しておいてください。

 

●筋トレと有酸素運動

重症筋無力症のリハビリについての論文等では有酸素運動と筋トレの組み合わせを紹介するケースが多いです。

筋無力症の特徴である『筋肉の脱力』という点では筋トレが望ましいですが、呼吸器や心肺を鍛える有酸素運動も必要です。

有酸素運動では単なる歩行がリハビリになるケースも見られ、普段の生活の中で少しずつ歩行時間を増やすといったリハビリ方法もあります。

 

●眼球運動のリハビリ

重症筋無力症で眼筋が弱ってきている場合には眼球運動のリハビリを取り入れて、積極的に視力や見え方を守っていきます。

具体的には目が疲れた時に行う運動と同じで、眼球を右や左に動かしたりぐるぐる回したりといったことをします。

ほかの部分の筋トレや有酸素運動に比べて眼球運動は動かす筋肉が少なく、その分負担も少ないです。

 

重症筋無力症のリハビリは早期に行うことで、より生活の質を守れるとも言われています。

医師のOKがあれば出来るだけリハビリに積極的に取り組んで、普段通りの生活を送るための一歩としましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/28-370876.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

重症筋無力症に関する記事

難病指定の病気、重症筋無力症!その治療法とは?

重症筋無力症とは? 重症筋無力症は、難病指定されている珍しい病気です。日本全体...

筋肉に力が入らなくなる?!重症筋無力症の原因とは

  重症筋無力症とは、まぶたや全身など筋肉に力が入らなくなったり、強い疲労...


難病指定の重症筋無力症 筋力の低下や脱力感、疲労感が伴います

  難病指定の重症筋無力症     重症筋無力症とは、全身の筋力低下...

重症筋無力症を診断するための5つの検査を知ってますか?

  重症筋無力症を診断するためにはいくつかの検査が行われます。ここでは主要な6...

カラダノートひろば

重症筋無力症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る