カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 筋肉 >
  4. 筋ジストロフィー >
  5. 10代で亡くなることもある…筋ジストロフィーの平均寿命を知ろう

気になる病気・症状

10代で亡くなることもある…筋ジストロフィーの平均寿命を知ろう

筋ジストロフィーとは、筋線維が変性・壊死してしまうことで筋力が低下する疾患です。筋細胞1つ1つが伸び縮みできなくなるのが筋ジストロフィーの特徴で、時間が経つにつれてより多くの筋細胞が変性・壊死して、全身にさまざまな影響を及ぼします。

 

●筋ジストロフィーの型は多い

筋ジストロフィーの余命を知るためには、まず筋ジストロフィーには型が多いことを知っておく必要があります。

 

大きく分けるとX連鎖劣性遺伝、常染色体劣性遺伝、常染色体優性遺伝の3種類があります。さらにそれが細かく分かれているのです。

 

元も多いのはX連鎖劣性遺伝のデュシェンヌ型筋ジストロフィーで、10万人に3-5人の割合で存在します。

 

●デュシェンヌ型だと平均寿命は30歳

デュシェンヌ型の筋ジストロフィーにかかっていると、平均寿命は大体30歳くらいが目安と言われています。

 

以前は20代前半で亡くなる方も多かったのですが、根本治療とまではいかなくとも症状を遅らせる諸々の治療法が開発されたことによって、平均寿命が延びました。

 

●福山型は10代で亡くなることも…

常染色体劣性遺伝の筋ジストロフィーである福山型筋ジストロフィーは、筋ジストロフィー患者全体の12%を占めています。

 

この福山型の筋ジストロフィーは精神発達遅延がある、10歳頃に寝たきりになってしまうなど重度の症状を伴います。平均寿命は17.6歳、福山型の筋ジストロフィーにかかってしまうと、その多くが10代で亡くなってしまうのです。

 

筋ジストロフィーの平均寿命は、どの型にかかっているかによって大きく違います。成人に多い筋緊張性ジストロフィーの場合は平均寿命が55歳と長いです。

 

また、デュシェンヌ型と同じX連鎖劣性遺伝の一種であるベッカー型筋ジストロフィーは、80歳を超えてから亡くなった方もいます。

(Photo by: [//pixabay.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

筋ジストロフィーに関する記事

筋委縮や脱力、仮性肥大も?!ベッカー型筋ジストロフィーとは

筋肉をつくる遺伝子に異常がおきることで筋肉が失われていく筋ジストロフィーですが...

筋萎縮と筋力低下の筋ジストロフィー

  ■筋ジストロフィーというのは、筋繊維が破壊されていき、再生が追いつかず筋萎...


筋ジストロフィーの診断のために必要な検査を知ろう

  筋ジストロフィーは早めに治療することで少しでも進行を遅らせ、日常生活を維持...

カルシウムによる筋肉の過収縮

  筋ジストロフィーが筋繊維の壊死と再生を繰り返すことで、筋力低下が起こります...

カラダノートひろば

筋ジストロフィーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る