カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 日焼け止め >
  5. 紫外線は上から来るものだと思っていますか?5つの「日焼け止めを塗り忘れやすい場所」

美容・ダイエット

紫外線は上から来るものだと思っていますか?5つの「日焼け止めを塗り忘れやすい場所」

 

街中をショッピングなどで歩くとき、紫外線対策はそうしているでしょうか。何もない場所よりも街中というのは、紫外線の動き方が少し複雑になります。

 

街中で怖い照り返し

紫外線は頭の上から降り注いでくるものですが、街中の紫外線は必ずしも上からのものとか限りません。

街中ではアスファルトやビルなど、反射率が高いものがたくさんあります。それらからくる照り返しは頭の上どころか、下からも届いている可能性があります。

 

ここの日焼け止めを忘れないで!

洋服で肌を全て覆い隠すことができれば、完全に紫外線をシャットアウトできます。しかし夏なのに肌を全て覆ってしまうというのは、オシャレとしても快適さにおいても現実的ではありません。

ですから、しっかりと日焼け止めを塗っておく必要があります。顔などの日焼け止めはバッチりという人でも、塗り忘れがあったりします。

ここでは塗り忘れをしやすい場所をご紹介します。

 

1 耳

短髪の男性や髪を上げている場合は特に注意です。帽子をかぶったとしても耳は出てしまいます。意識しなければ忘れてしまいやすい場所ですので注意しましょう。

 

2 あご

照り返しで最も危ないのがあごです。あごは汗がしたたるために日焼け止めが落ちやすい場所でもありますので、こまめに塗り直しましょう。

 

3 手

手のひらや手の甲は、顔などに塗ったついでに塗る人もいますが、注意すべきは落ちやすさです。手は生活しているとたくさん動く場所ですから、その分日焼け止めが落ちやすいことも知っておきましょう。

 

4 ひざの裏

ひざの裏は足を曲げると隠れてしまうので、塗り忘れやすいとことです。しかも、屈伸によって皮膚の接触が多く、落ちやすい場所でもあります。

 

5 足の甲

足の甲は忘れやすい上に、上からの紫外線が直接降り注ぎます。そのため塗り忘れると靴の日焼け痕がくっきりということにもなりかねません。

 

街中を歩く際には、様々な方向からの紫外線を想定して日焼け止めを塗りましょう。日陰にいても照り返しによって紫外線を浴び続けているかもしれません。絶対に焼きたくないという人は、絶対に油断しないように気を付けてください。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E8%B6%B3-%E8%8D%89-%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9-%E4%BC%91%E6%97%A5-%E6%80%A0%E6%83%B0%E3%81%A7%E3%81%99-%E5%85%AC%E5%9C%92-341029/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日焼け止めに関する記事

男性も美白ブーム?!男性用のUVケア商品が続々登場!

  紫外線が強さを増してくる6月~8月にかけて、紫外線ケアが欠かせない時期ですが...

厳重な日焼け止め対策は面倒…出かける前にパパッと出来る紫外線対策ってない?

  ちょっとそこまでと買い物などに行く際、日焼け止めはどうしているでしょうか。 ...


油断する家の中だから注意!カーテン・窓をUVカットに!すっぴんでも日焼け止めは必須!

  外出のときに日焼け対策をするのはもはや習慣という人も多いと思いますが、外出を...

日焼け止めにも種類がある!自分にあった日焼け止めは?

  年中、何かしらの「日焼け予防」をしている女性は8割ほどいるらしいです。 そ...

カラダノートひろば

日焼け止めの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る