カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 保湿 >
  5. これだけはやっておこう!夏の肌の保湿のポイント~洗顔・化粧水・美容液の使い方~

美容・ダイエット

これだけはやっておこう!夏の肌の保湿のポイント~洗顔・化粧水・美容液の使い方~

は湿度が高いので、保湿をしなくても大丈夫!乾燥しない!などと思いがちですが、実はそうではありません。感じていないだけで夏にも乾燥をし、強いダメージを受けてしまいます。夏の保湿ケアには、どんなことが出来るのでしょうか?
 
 
◆洗顔は手を抜かない!
洗顔には手を抜かず、ちゃんと泡立ててしっかりと洗いましょう。たっぷりで、弾力のある泡を作ることが大切です。
洗顔は、メイクを落とし、必要ない皮脂や汚れを落とすだけで良いので、あまり洗いすぎると必要な皮脂まで一緒に洗い流してしまう結果になることも。
力をいれない・長い時間をかけない・泡立っていない状態で洗わない・・・など、洗顔方法にも気をつけましょう。
 
◆化粧水はケチらない!
夏場の肌も、冬と同様に乾燥します。湿度が高く、乾燥する感覚がつかめないため、「化粧水少しでも十分」だと思ってしまいますが、化粧水は冬場でも同じようにたっぷりと使用してください。時にはフェイスパックなどで、潤いを与えても良いでしょう。
 
しかしパックをする場合には5分程度にしましょう。あまり長くパックをすると、パックシートそのものが乾燥してしまい、肌にはいった潤いがシートに吸収されてしまいます。洗顔後、お風呂などでパックをしても効果的です。
 
◆美容液でのカバーを忘れずに!
どんなに洗顔が上手にできて、どんなに化粧水で肌に潤いを与えられても、最後にフタとなる役割をするものがなければ、日常生活の中で、どんどん肌の潤いは乾燥・蒸発してしまいます。
 
しっかりと肌の中に潤いが入ったのであれば、最後は美容液でちゃんとフタをしましょう。美容液は化粧水などよりもはるかに濃い濃度の保湿成分が含まれています。肌への栄養も考え、美容液は積極的に毎日取り入れてください。
 
 
夏だからといって、油断は禁物です。夏にどれだけケアが出来たかで、冬の肌質が決まってしまうほど夏ケアは重要です。
化粧水などのスキンケアだけでなく、紫外線予防の日焼け止めクリームなども忘れずに毎日つけてください。
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

保湿力はヒアルロンの1.3倍「プロテオグリカン」で理想の肌に

  1. 美容・ダイエット
  2. 美肌・スキンケア
  3. 保湿

  「プロテオグリカン」という言葉を、みなさんは聞いたことはありますか。美肌を生み出すとして、...

オススメ検索ワード

保湿に関する記事

自分にあった保湿剤で肌を保護しよう

  ハンドクリーム、リップクリーム、ボディーオイル、…保湿に効果があるもの...

角質を落としてお肌つるつる!強アルカリ温泉は美人の湯?

温泉によく行くけど、温泉の効能をざっと見るだけでアルカリ性や酸性の温泉がなんで...


ヒルドイドが「乾燥症状を悪化させる」「界面活性剤の害がある」という説の真偽は?

皮膚科でアトピーやその他の皮膚乾燥症状に処方してもらうことのできる保湿剤...

お肌のうるおいを保つための栄養素

  ■お肌のうるおいを保つための食べ物   年を重ねるごとに気になるのが乾燥...

カラダノートひろば

保湿の関連カテゴリ

保湿の記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る