カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 保湿 >
  5. 私の保湿ケアは間違ってる?!正しい保湿ケア知っていますか?

美容・ダイエット

私の保湿ケアは間違ってる?!正しい保湿ケア知っていますか?

 
夏のケアは、皆さん独自に考えたり、より快適になる方法を試したりする方が多いかと思います。
冬場と違って肌はコッテリ・脂っこい・・・と感じやすいですし、年中通して同じケアだと大丈夫かな?と心配になる方も。
 
しかし、皆さんが行っている夏の保湿ケアには、間違っているものも存在します!間違っている保湿ケアは効果を十分に発揮できません。
正しい保湿ケアが出来るように改善していきましょう。
 
 
◆化粧水を冷蔵庫には入れないこと!
よく、夏場はひんやり冷たい化粧水でスキンケアを・・・という意見を聞きます。「化粧水を冷蔵庫で冷やすと良い」などの誤った情報を目にすることもあります。
しかし、これは大きな間違いで、化粧水は冷蔵庫に入れてはいけません
 
冷蔵庫で冷やすことによって製品の品質が劣化する可能性があります。
冷蔵専用の化粧水であれば、低温でも品質が保たれるように作られていますが、冷蔵専用ではない化粧水などは温度の変化によって、成分や品質が不安定になってしまいます。
 
◆毛穴パックには落とし穴が!
よく夏場になると、小鼻の毛穴に黒ずみが出来てしまったり、鼻周辺の毛穴が黒くなる・目立ってしまうということがあります。
鼻が気になって仕方ない!という方もいるでしょう。
そんな時に使いがちな毛穴パック
鼻の毛穴の汚れをごっそり除去できるというイメージで、使用するパックですが、実際には毛穴パックを使うことで、必要な角質層まで除去してしまいます。
角質層は、肌をアレルゲンから守る役割や肌の水分を保持する役割があるので角質層は必要不可欠なものです。毛穴パックには注意が必要です。
 
◆虫さされも要注意!
夏場になるとにさされることが増えます。「虫だから大丈夫」「掻かなければ大丈夫」と思ってしまいますが、無意識のうちにさされや箇所を刺激してしまい、傷が出来る・・・なんてことも。
 
肌に出来てしまった虫さされを掻いてしまうことで傷が残ってしまったり、シミの原因になってしまうと言うこともあるので、虫さされには、市販の痒み止めや絆創膏等を使用しましょう。
市販の薬では効果がない時には、皮膚科へ行くと良いでしょう。
 
夏には夏特有の肌の悩みや、虫への対策などが出てきて頭を悩ませてしまいます。間違ったケアを行うことで、ゆくゆく不健康な肌を作ってしまう土台になることも問題です。
綺麗で健康な肌を作っていくために、春・夏に出来るケアをしっかり行い、冬を迎えましょう。
 
(Photo by://www.ashinari.com/2012/02/20-357909.php)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保湿に関する記事

肌の大敵!知っておきたいシミ・そばかす対策!夏の肌トラブルを回避するには?

  夏の肌について気になる箇所のアンケートを実施した際、夏の肌トラブル・肌...

花粉や細菌、ほこり、PM2.6など…肌の乾燥は刺激も影響する!?対処法について

  肌の乾燥は負のスパイラルとも言える仕組みがあります。これを抜け出すことが健...


ウルウル美肌のためのシートマスク活用法!

  ■シートマスク前には化粧水で保湿   基本的にシートマスクは美容液という...

夏の保湿ケアを怠るな!夏の肌ケアの基本とは?お手入れは顔以外にもしよう!

  「夏は肌が乾燥しないから化粧水もあまりつけない」という意見を聞くことが...

カラダノートひろば

保湿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る