カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. むくみ >
  5. 顔がパンパン!?夏場に多い、寝起きの顔のむくみ…朝、むくまないようにするには?

美容・ダイエット

顔がパンパン!?夏場に多い、寝起きの顔のむくみ…朝、むくまないようにするには?

夏になると、朝起きた時に顔がむくんでパンパン!という経験をされた方は非常に多いと思います。起きた時の顔がむくんでしまうと、その日1日の気分も落ち込んでしまいます。
 
なぜ夏場の寝起きは顔が浮腫むのでしょうか?むくみの対処法はあるのでしょうか。
 

◆なぜ顔が浮腫むの??

夏場は体力の消耗が激しい上に、体から水分が沢山抜けてしまうため、頻繁に水分補給をしなければなりません。
 
しかし、中には過剰なまでの水分補給をされる方や、夏場特有の温度差(暑い外と、涼しいお店の中など)を感じることで起こる皮脂・汗の過剰分泌などが原因となり、1日の疲労・負担・ダメージが翌日の朝むくみとなって顔に表れてしまいます。
 
夏は汗をかくからと、過剰なまでに水分補給をしたり、眠る前に水分を摂ることで、翌日むくみやすい体質を作ってしまっているのです。
 

◆朝、浮腫まないようにするためには?

「もう朝、浮腫んだ顔を見たくない・・・」と言う方には、前日の生活の中で浮腫を起こさない生活を送ることが大切です。以下のような事に気をつけて生活をしてみましょう。
 
・ 水分の過剰摂取を避けること
・ 眠る前の水分は大量に摂取しないこと
・ アルコールの過剰摂取をしないこと
・ 疲労やストレスはため込まないこと
・ 夜更かしをしないこと
・ 塩分を摂りすぎないこと
 

◆もし浮腫んでしまった時には?

出来るだけ気をつけて生活をしても、浮腫んでしまったと言う時には、むくみのケアを行ってみましょう。
 
即効性のあるケアとしては、蒸しタオルを顔にのせることです。血行を良くし、顔全体がぽかぽかとあたたまったら、マッサージを行いましょう。スキンケアグッズの中には、朝専用の浮腫対策マスクなども販売されています。
 
日常的に浮腫みやすいという方には、代謝を良くすることが対策と考えられます。適度な運動を毎日継続的に行うことで、体そのものの代謝機能を上げて、浮腫みにくい体を作ることがポイントです。
 
体は素直なもので、受けたダメージは浮腫として顔にも体にも出てきてしまいます。浮腫を感じた時には、体が疲れている・負荷がかかっているという証拠です。
 
少しでもリラックスできる時間を作り、十分な睡眠時間の確保をしましょう。

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみに関する記事

むくみ改善にカリウムの力~朝、むくまないようにするには?~

   「お酒を飲みすぎてしまってよく朝顔がむくんだ」とか「立ち仕事で足がむくん...

首から上のむくみとりには、温冷タオルで交互に刺激!

  むくんでいる状態というのは、顔に不要な水分がたまってしまっているということ...

カラダノートひろば

むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る