カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心臓弁膜症 >
  5. 知っておくべき!心臓弁膜症の診断に欠かせない4種類の検査

気になる病気・症状

知っておくべき!心臓弁膜症の診断に欠かせない4種類の検査

 

心臓弁膜症とは、心臓内の血液の流れをスムーズにするための弁が開きにくくなる病気で、場合によっては血液が逆流したりもします。

弁の開き方によって数種類に分かれる心臓弁膜症の検査について紹介します。

 

●胸部X線検査

胸部X線検査は健康診断などでもおなじみの検査で、胸の前に大きな機械を置いて写真を撮る検査です。

弁膜症になると血流が悪くなるので、その分をカバーしようと心臓は一部が大きくなることが多いのです。

心臓弁膜症に特徴的な変形を見つけるのに胸部X線検査は役立っています。

 

●心電図検査

心臓弁膜症の検査には24時間心電図検査という、入院を必要とするタイプの検査もあります。

心電図をずっと取っておくことで、本人も気づかなかったような不整脈や心臓の働きの異常が見つかることもあるからです。

一時的な心電図検査のみという場合も考えられるので、詳しくは医師に確認してください。

 

●心臓超音波検査

心臓超音波検査は被ばくの心配がない、痛みもないタイプの検査です。胸部X線と同じように心臓の異常を確かめることが出来るほか、重症度の判断にも役立っています。

心臓弁膜症においては心臓超音波検査の重要度は高いとされています。

 

●心臓カテーテル検査

心臓病の検査の中ではメジャーなのが心臓カテーテル検査で、カテーテルというのは細い管のことです。

このカテーテルを血管から心臓に入れて、心臓の中で実際にどのようなことが起きているかを判断します。

心臓のどの部屋のどの弁が悪いのか、そしてどこに異常が出ているのかがわかるのが特徴です。

心臓超音波検査の後にカテーテル検査を行って確定診断、確実な診断となるのが一般的です。

 

心臓弁膜症の検査には上記に挙げた4つの検査のほかに、運動負荷検査が行われるケースもあります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/28/10/04/biology-220005_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心臓弁膜症に関する記事

心臓弁膜症術後~術後の流れ、その後の日常生活で気をつけるべき3つのこと

  心臓弁膜症の手術が終わってもすぐに日常生活に戻れるわけではありません。術後...

心臓弁膜症の症状~狭窄と閉鎖不全~治療後も油断しないで!

心臓弁膜症とは?   心臓弁膜症は、先天性や後天性の二通りがあります。ど...


心臓弁膜症とは一体どんな病気?

  心臓弁膜症とは、心臓にある弁に異常が起きる病気です。 通常の弁は、血...

心臓弁膜症の手術~人工弁置換手術ってどんなもの?

心臓には、血液が入ってくる左右の心房と血液を送り出す左右の心室があります。そ...

カラダノートひろば

心臓弁膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る