カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 夏は肌老化が一気に進む!夏のダメージは、夏のうちに!肌の夏老け防止対策3つ

美容・ダイエット

夏は肌老化が一気に進む!夏のダメージは、夏のうちに!肌の夏老け防止対策3つ

 
に受けたダメージによって肌の老化が決まってしまう!と言われるほど、夏のダメージは肌にとって非常に強い刺激を与えてしまいます。
 
肌がため込んだダメージはゆくゆく老化として肌の表面に表れてしまいます。
「なんだか老けてきた・・・」「肌がシワ・シミばかり・・・」と気づいた頃には、時すでに遅し!肌の夏老け防止するための対策をあげてみました。
 
1.乾燥は大敵!保湿を十分に
肌の老化に深く影響をする“乾燥”。肌が乾燥していると、皮膚にピキピキとシワが入ってしまい、修復が難しくなります。乾燥しない肌を保つためには保湿を十分におこなうことです。
 
保湿をし、肌がみずみずしい状態でいると、肌そのものの代謝機能も発揮され、ターンオーバーも正常におこなわれます。よって、肌の老化を防ぐことに繋がるので、保湿は肌の老化防止には必要不可欠なケアとも言えます。
 
2.汗腺の老化がじっとり汗を引き起こす!
皮膚にある汗腺は、年齢とともに老化していきます。10代・20代と、若いことにはサラサラとした汗をかいていたと思いますが、加齢すると共に汗もジメジメしたじっとり汗に変化している事に、気づく方も多いはずです。
 
じっとりした汗は、きつい体臭になる原因ですし、弱酸性のバリアで守られている肌をアルカリ性にしてバリア機能の低下・細菌感染をおこしやすい肌にしてしまいます。汗をかいたらこまめに拭き取る・飲酒喫煙を控える・ヘルシーな食生活を、心がけてみましょう。
 
3.寝付けない熱帯夜が、老化を招く。
夏場の夜は、ジメジメして寝付けない、クーラーをつけると体がダルくなってしまうので暑い中で寝ている、という方は非常に多いです。寝付けない夜が続くと、寝不足状態が続いてしまいます。
 
寝不足状態が続くと、肌のターンオーバーは乱れ、新陳代謝も悪化し、肌はガサガサ・吹出物やニキビができてしまう・目元がくすむ・肌全体のハリが無くなる・・・など様々な症状を引き起こしてしまいます。
 
寝付けない夜のために、
・出来るだけ薄着で眠る
・窓を開けて風通しを良くする
・寝具を見直す
などの方法をとり、快適な眠りができる環境を整えてみましょう。
 
夏は肌の老化が進んでしまいます。一夏、ケアを怠るだけで、夏を超えた秋・冬に一気にダメージが肌へ出てしまいます。
 
若いころはそれでも自然に回復・修復する力が備わっていましたが、年齢を重ねていくうちに回復・修復の機能も低下し、ダメージを蓄積しやすい体質になってしまいます。
夏のダメージは、夏のうちに!こまめにケアをし、早めの対策を取ることが最善です。
 
(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/11-381931.php?category=265)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

肌の疲れに効果的!お疲れ肌へのオススメの食材とは?疲れた肌を回復させるスムージーレシピ

    夏場に沢山のダメージを抱え込んだ肌はボロボロになってしまい、壊れる寸...

だんだん大きくなっていく背名のおでき、もしかしたら「粉瘤(アテローム)」かも

背中は、体の部位の中でも「おでき」ができやすい場所です。一般的にはニキビのよ...


肌には夏のダメージが蓄積される!お疲れ肌の原因とは?

  夏の間、肌は沢山の刺激やダメージを受け、カサカサ・ボロボロになってしま...

どうして?ダイエットに成功したけれど肌荒れが酷い…肌荒れせずに痩せる方法

美しくなるために!とダイエットをし、見事成功をした女性の中で、ダイエット後にふ...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る