カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 不整脈 >
  5. 不整脈を薬で治療!でも副作用が心配…抗不整脈薬の副作用ってどんなもの?

気になる病気・症状

不整脈を薬で治療!でも副作用が心配…抗不整脈薬の副作用ってどんなもの?

不整脈が出ている場合は薬での治療も考えられますが、薬で治療するとなると副作用のことが気になりますよね。

 

そこで抗不整脈薬の副作用についてまとめてみます。

 

●催不整脈作用について

抗不整脈薬の副作用の中でも特に注意したいのが、催不整脈作用というものです。これは抗不整脈薬によって逆に不整脈が誘発された状態のことです。

 

日病薬誌2007年版の記事を元にして、実際に催不整脈作用が出た例を紹介します。

 

今回の事例で紹介されたのは70歳代の身長156cmの女性、元々は閉塞性肥大型心筋症を持っている方です。心筋症の治療のために飲んでいたアテノロールという薬は不整脈の治療にも使われています。

 

その他に、同じく脈の調子を整えるピルメノールの服用経験があり、倒れる直前には同じく不整脈の薬であるフレカイニドも服用していました。

 

最初にアテノロールを飲み始めてから3年後、女性は歩行中に失神し、心房細動(不整脈の一種)を引き起こしました。個人によって薬を代謝・排泄する力が違うことから、薬の血中濃度が高まり失神や不整脈を引き起こしたと考えられます。

 

●口の渇きや頭痛などの副作用もみられます

また、そのほかに抗不整脈薬にみられやすい副作用として口の渇きや頭痛などもあります。

 

口の渇き、頭痛、めまい、発疹などは一時的な症状となることが多いですが、あまりにも症状がひどく日常生活に対する影響も大きいようであれば病院へ行った方が良いです。

 

不整脈の治療薬は逆に不整脈を引き起こす危険性も秘めているので、服用には注意も必要です。不整脈の薬を飲んでから心臓が痛い、以前のような不整脈の症状を感じるなら早めに病院で治療を受けましょう。

 (参考:日病薬誌 プレアボイド広場2007 //www.jshp.or.jp/banner/oldpdf/p43-11.pdf)

(Photo by: //pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不整脈に関する記事

徐脈性不整脈の危険な失神症状

    何らかの疾患により心臓の脈拍が不安定になる徐脈性不整脈は、血流の低下...

不整脈のリスクとなる「潜在性(隠れ)QT延長症候群」、注意すべき既往と薬剤は?

QT延長症候群とは、先天性・後天性(二次性)の要因によって心電図を取った...


徐脈・頻脈・期外収縮・・不整脈の3タイプ

  不整脈にはいくつかの種類があります。不整脈という言葉自体は、脈が乱れている...

不整脈=心臓が悪い?

  不整脈とは文字通り、脈が一定せず乱れが生じる疾患です。しかしひと口に不整脈...

カラダノートひろば

不整脈の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る