カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 不整脈 >
  5. 不整脈になったら運転免許返納しなければならない!?不整脈と運転免許について知っておこう

気になる病気・症状

不整脈になったら運転免許返納しなければならない!?不整脈と運転免許について知っておこう

 

ICDやCRT-Dとは除細動器の一種で、不整脈の治療に使われることもあります。

ICDやCRT-Dを植え込んだ場合には運転免許について少し注意点があるので、それを紹介します。

 

●原則は禁止

特定の疾病の方は運転中に発作等を起こす危険があるので運転制限がされることもあります。

心臓に入れ込む機械にはペースメーカーがありますが、ペースメーカーは原則運転OKとなっています。

一方で、実は不整脈で埋め込まれるICDやCRT-Dなどの場合は原則的に運転禁止になっているので、ICDやCRT-Dを埋め込んだ時点で書類を提出し、最終的に運転免許を持っていてもOKかどうかが判断されます。

 

●診断書を警察に提出

ICDやCRT-Dを埋め込んだ時点で運転免許を持っている方は、診断書を警察に提出しなければなりません。

そして、ポイントとなるのは『日本不整脈学会もしくは日本心不全学会が主催するICD研修を履修した医師が記載した診断書』を提出しなければいけないことです。

このICD研修を履修していない医師が記載した診断書は無効になるので注意してください。

 

●6か月間の保留・再評価もあります

ICDやCRT-Dを埋め込んだからと言って必ず運転できないわけではなく、その場では運転を控えるべきと判断され、保留されることも考えられます。

半年後に様子を見て、運転適性に問題がなければ運転が出来る可能性もあるのです。

どのような目的で埋め込みが行われたか、ICDやCRT-Dが作動するような体の危険は今までにあったかどうかも評価・再評価の重要なポイントです。

 

事故を起こす危険性が上がる、発作などで車が暴走する可能性があることからICDやCRT-Dを埋め込んだ患者の運転には十分注意が必要です。

運転を許可されたとしても半年ごとに再審査を受けなければなりません。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/12/27/19/40/travel-72870_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不整脈に関する記事

危険!注意を要する不整脈

  実は不整脈は年をとればほとんどの人に見られるものです。健常者が1日~2日に...

徐脈・頻脈・期外収縮・・不整脈の3タイプ

  不整脈にはいくつかの種類があります。不整脈という言葉自体は、脈が乱れている...


心配する必要のない不整脈・してはいけない不整脈

  不整脈は早急に医師に診てもらうべきものから、日常生活に何ら支障のないものま...

不整脈の検査・治療

  健康診断で不整脈と診断される人もいると思います。実際に病院で検査治療を受け...

カラダノートひろば

不整脈の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る