カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. 夏老けを防ぐ食材とは?外側からのケアのみではなく、体の内から体質改善ができる食材を食べよう

美容・ダイエット

夏老けを防ぐ食材とは?外側からのケアのみではなく、体の内から体質改善ができる食材を食べよう

 
夏は、肌へ様々なダメージ・負担がかかってしまうため、油断が出来ません!
日焼け止めを塗っていても、気がつけばヒリヒリと赤くなってしまっていたり、毎日毎日しっかりと保湿ケアを行っていても、日中には肌がカサカサ・・・なんてことも。
夏のダメージは、肌の老化を進行させてしまう力があります。肌の老化を抑えるために効果的な食材をあげてみましょう。
 
 
◆抗酸化力のあるフルーツを食べよう!
抗酸化力のあるフルーツを食べると、体の内面から健康で美肌を保つ効果が期待できます。
抗酸化力のあるフルーツはイチゴ・マンゴー・ブルーベリー・リンゴなどがありますが、最も抗酸化力の強いフルーツは、栄養の王様と言われる“バナナ”です。
特に、バナナを1日2本食べることが理想的だとされています。
 
バナナには皮脂分泌をコントロールする働きがあり、実際に継続してバナナを食べていた方の肌の水分量・油分・頬の弾力などをチェックした結果、バナナを食べていない方に比べて数値が高い(肌が健康)ことがデータとしても残っています。
 
◆意外にもコラーゲンが豊富!ちりめんじゃこ
ちりめんじゃこには、意外や意外!コラーゲンが豊富に含まれています。
コラーゲンと聞くと、魚の皮や牛すじなどの脂っこいものを想像されると思いますが、ちりめんじゃこであれば、手軽に食べれて、お値段もお求めやすい価格です、「コラーゲンはサプリメントしかない!」と思って摂取している方は、今後サプリメントでなくちりめんじゃこを購入すると良いかもしれません。
 
より良い食べ方として、ちりめんじゃこ50gに対し、お酢50cc入れて約3時間ほど待ちましょう。お酢につけることで、カルシウムを吸収しやすくする効果が期待できます。
 
◆機能性野菜を食べよう
機能性野菜、と聞くと、あまり聞きなじみのない名前なので、どんな野菜?と思ってしまうかもしれません。
機能性野菜はカボチャ・ブロッコリースプラウト・ソルトリーフ・金時ショウガなどが機能性野菜と示され、肌の老化防止に効果ありとされています。
 
機能性野菜にはビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれているので、肌の老化防止に効果的です。また、肌の老化だけでなく、免疫機能の上昇が見込めます。
 
夏の肌老化を防ぐためには外側からのケアのみでは不十分です。
もちろん外側からのアプローチも大切ですし、そこを怠ってしまえば、肌がくすみ、シミそばかすが増えてしまい、後々後悔してしまう結果に・・・。
体の内から健康になれる食材を食べ、体の内から体質改善が行えるようにしましょう。
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

肌トラブルに関する記事

天気や気温、湿度は重要!外出時に潜む肌トラブルの予防法とは

  家の中ではケアをしっかりし、肌トラブルの予防万全に出来ていても、外出中...

夏疲れは肌にも現れる!起こりやすい肌トラブルの症状

夏疲れの症状は、体のあらゆる場所に現れます。中でも女性が気になるのは、お肌で...


誤ったスキンケアをしていませんか?肌の様子を知ろう!肌断食で肌トラブル対策を★

皆さんは“肌断食”という言葉を知っていますか?   美肌になるため、スキンケア...

肌トラブルの原因・・・注意すべき成分とは?成分表示の見方

  普段お使いになっているスキンケアセットの成分表示をご覧ください。そこに...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る