カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 夏風邪はなぜ起こる?!普通の風邪とどう違うの?夏風邪予防には何が効く?

気になる病気・症状

夏風邪はなぜ起こる?!普通の風邪とどう違うの?夏風邪予防には何が効く?

 年中“風邪”という症状は私たちに襲いかかってくるものですが、夏場にひく風邪は“夏風邪”としてひとくくりにされているイメージがあります。
そもそも夏風邪は、なぜ起こってしまうのでしょうか?夏風邪を引かないための予防法とはどんなことがあるのでしょうか。
 
 

◆そもそも夏風邪って何?

夏風邪とは、冬にひく風邪に対し、夏にひくものを“夏風邪”と呼んでいます。
200種類ほどある風邪菌のうち、夏の湿度や温度を好むウィルスが大暴れしてしまい、風邪を引き起こすと考えられているので“夏風邪”とひとくくりにしていることが考えられます。
 
症状としては喉の痛み・咳・発熱・鼻水・頭痛・だるさのような症状と、腹痛・下痢などの胃腸系にくる症状が挙げられます。
 

◆なぜ夏風邪が起きてしまうの?

夏を好む風邪菌が夏の時期に大流行してしまうことも考えられますが、それ意外では、外と室内の激しい温度差に体の機能がついていけないことで風邪を引いてしまったり、夜にお腹を出したまま眠ってしまうことで風邪を引いたりすることも原因だと言えます。
 
他には、冷たい物ばかりを飲んでしまう・お風呂は浸からずシャワーで済ませて湯冷めしてしまう・プールや図書館など、ウィルス菌と接触しやすい場所へ出かける機会が多くなる・・・などが考えられます。
 

◆夏風邪予防とは?

まずは、手洗いうがいを徹底しましょう。手洗いは普通に洗うだけでなく、手を洗う専用のハンドブラシなどを使って、爪の中や指と指の間もしっかりと洗うことが大切です。
うがいに関しては、イソジンなどを使用することも効果的です。
 
夏風邪ウィルスは湿度を好む傾向にあるので、夜間、眠っている時に寝具や湿度の高い部屋などには注意が必要です。除湿グッズを使用したり、こまめに風通しし、布団も頻繁に干すようにしましょう。
 
夏風邪をこじらせてしまうと、せっかくの夏の楽しいイベントが台無しになってしまいます。夏風邪を引いてしまう前に事前にしっかりと対策をすることが肝心です。
毎日の予防もちゃんと行いましょう。
(Photo by 足成)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

風邪薬が「無駄な医療」になる!?風邪薬が保険適用外になるとどうなるの?

   風邪薬が保険適用外になる可能性があります。風邪はごくごく一般的な感染症で、...

話題の二酸化塩素で除菌とは?

  テレビコマーシャルや広告などで、二酸化塩素という言葉を聞いたことがあるでし...


風邪のひきはじめに麻黄湯が◎!麻黄湯ってどんな漢方薬?

  風邪は、ひきはじめの段階で治してしまえるのであれば、そうしてしまいたいですよ...

市販の「風邪薬を飲んで死亡」することがある!?他人ごとではない、風邪薬の怖いヒミツ

薬は正しく飲んでいるからといって、絶対に副作用が起こらないわけではありません。...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る