カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発熱 >
  5. 子供がかかりやすい夏風邪とは?代表的な夏風邪~やっておきたい夏風邪対策

育児・子供の病気

子供がかかりやすい夏風邪とは?代表的な夏風邪~やっておきたい夏風邪対策

 
お子さんをお持ちのママは、になると、お子さんの夏風邪が心配になりますね。どんなに気をつけていても免疫力が弱いので風をひいてしまいますし、回復にも時間がかかってしまいます。夏にお子さんがこじらせやすい夏特有の風邪とはどんなものがあるのでしょうか。
 
 
◆夏風邪の代表的なものとは?
【プール熱】
正式には“咽頭結膜炎”という病名なのですが、最近ではプール熱という表現もされています。これは高熱が1週間ちかく続いてしまうことが特徴で、目の充血や喉の痛みを訴えます。
 
プールなどが感染経路となってしまうことから“プール熱”という呼び名が付けられました。非常に感染力が強いので、園や学校は数日間休まなければなりません。5歳以下の患者さんが6割を占めています。
 
【ヘルパンギーナ】
高熱・口内炎が出来てしまい食事も十分に取れないほどの症状を引き起こす夏風邪です。1週間程度で回復します。6月〜7月の梅雨の時期に流行り、感染者は4歳以下のお子さんに多いです。
 
【手足口病】
近年非常に患者数が多いと注目を浴びている夏風邪の手足口病。初期症状は微熱であったり食欲不振、ぐったりとした様子を見せます。
その後2日程度たつと、手や足の平にプツプツと赤い水疱が出来ます。この水疱が手足口病の特徴です。水疱を触ったりつぶしたりすると、新たな感染を招きますし、飛び火してしまう事もあります。
 
◆夏風邪の対策とは?
小さいお子さんであれば、免疫力が弱いので、感染力の強い夏風邪には感染してしまう可能性が大いにあります。
 
事前に対策をとっておくと良いでしょう。対策方法としては、体の免疫力をUPさせる食事を心がけることや、元気に外で遊んで太陽の光を浴びること手洗いうがいは絶対・規則正しい睡眠と食事を行うこと・夜は寒さ対策をし、体を冷やさないことなどがあります。
 
大人とちがって、体温調整や体調管理がまだまだ未熟で、出来ないお子さんには、しっかりと親が環境を整えてあげることが大切です。
 
室内では出来るだけクーラーに頼らず、お子さん自ら体の機能を使えるように考えてあげることも大切です。衣類はこまめに着替えさせたり、水分をしっかり摂るように気をつけてあげましょう。
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発熱に関する記事

急性上気道炎(かぜ症候群)と診断されたら、一体どうする?幼児の対処法と過ごし方

体調が悪いな…と医療機関を受診したところ、「急性上気道炎」と診断された! それ...

もしも脳症を起こしてしまったら?予防はできるの??

『脳症』はとても怖い症状です。もしも、自分の子どもがかかってしまったら・・・ど...

発熱の体験談

初熱、発熱

6ヶ月を過ぎるとお母さんからもらった免疫が切れて風邪をひきやすくなる、と良くいいますよね。 産...

長引く発熱や下痢、嘔吐。メモは大切。

夜間の突然の発熱や、嘔吐。下痢。びっくりしますよね。 ましてや初めての病気だったりすると心配で何を...

カラダノートひろば

発熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る