カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 基礎知識 >
  5. 頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害…くも膜下出血の発症は飲酒や喫煙が原因かも?!

生活習慣病

頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害…くも膜下出血の発症は飲酒や喫煙が原因かも?!

 

突然バットで殴られたような激しい頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害が突然のように襲ってきます。このくも膜下出血は何が原因で起こるのでしょうか。

 

(くも膜下出血の原因は?)

くも膜下出血の原因は8脳動脈瘤の破裂が原因で起こると言われています。脳動脈瘤とは、動脈の壁の一部分が、こぶのように膨らんでくる病気です。多くの脳動脈瘤はくも膜下に存在するため、動脈の内側からかかる血圧に耐えられなくなってその膨らんだ部分が破裂することで「くも膜下出血」が起こります。

 

(くも膜下出血ってどんな病気?)

脳動脈瘤が破裂して出血した場合は、手術をしてその出血を止めることが重要です。一時的出血が止まっても、いつ破裂するか分からない時限爆弾を頭の中に抱えているのと同じ状態ですから、手術をしても出血止めるだけで破損した脳を元に戻すことはできません

 

くも膜下出血になって病院へ運ばれても、約1/3死亡すると言われるくらい死亡率が高いです。軽傷の場合は4週間程度で退院でき、社会復帰も可能となりますが、重症の場合は、体に麻痺が残ったり、失語症後遺症が残ることもあり、寝たきりになることも少なくありません。

 

(脳動脈瘤が破裂しないためにできること)

脳動脈瘤ができてしまっても、破裂さえしなければくも膜下出血にはなりません。脳動脈瘤は血圧が高くなると破けやすくなるので、血圧下げることで防ぐことができます。

 

くも膜下出血リスク要因としてあげられるのが、飲酒と喫煙です。血圧を下げるためには、タバコをやめて、飲酒の量を減らして生活習慣を改善する事が一番の予防方法と言えます。また、ストレスが原因で血圧が上がるので、なるべくストレスを溜めないように発散方法を見つけましょう。

 

写真: //www.ashinari.com/2014/03/13-386931.php

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

3代脳卒中「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」それぞれの脳卒中の特徴とは?

  脳卒中という言葉は正式な医学用語ではなく、正しくは、「脳血管障害」といいま...

脳卒中は元気な人ほどなりやすい?!原因を持つ人の特徴について

  脳卒中とは何らかの理由で脳で出血が起こることによって発症します。脳卒中...


脳卒中の基礎知識~脳卒中にかかる人ってどれくらい?

   脳卒中とは一般的な名称です。医学的に言うと脳血管障害と言います。 ...

脳卒中の基礎知識!虚血性病変と出血性病変

脳卒中とは脳血管障害の一般的な名称です。脳血管障害は、虚血性病変と出血性病変に...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る