カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 基礎知識 >
  5. ストレスが原因で突然死?!くも膜下出血になりやすい人とは

生活習慣病

ストレスが原因で突然死?!くも膜下出血になりやすい人とは

 

 

 

くも膜下出血は、脳卒中の中でも「死に近い病気」とされていて発症すると約半数に至ると言われています。このくも膜下出血の危険因子の一つにストレスがあるのをご存知ですか?ストレスがこの突然死を招く要因になるかもしれません。

 

(くも膜下出血について)

くも膜下出血は、を覆っている軟膜と、くも膜の間を走っている血管の一部が破れて脳出血を起こします。血管内にできた、こぶのように膨らんだ脳動脈瘤が、血圧の上昇が原因で破裂して脳出血を起こすケースが殆どです。この脳動脈瘤を持っている人は人口の1.55ほどいると言われています。

 

(くも膜下出血の危険因子)

脳卒中は高血圧危険因子の筆頭に挙げられますが、最近では高血圧でない3040の発症が増えていると言われています。このようなタイプで発症する場合の要因は、寝不足過労などによるストレスとされています。ストレスホルモンが増えることで血管が収縮して、知らないうちに血圧を上げてしまっているのです。特に女性ストレスの影響を受けやすく、また、ホルモン分泌量が減少する60以降にくも膜下出血を起こしやすくなるというデータがあるので、特に注意が必要です。

 

(意外と知られていないリスク要因)

脳卒中の原因で、意外と知られていないのが輸血歴があるかどうかです。理由ははっきり分かっていませんが、特に男性が影響を受けやすく、輸血歴がある男性は、輸血歴がない男性に比べて4のリスクがあると言われています。また、家族近親者に脳卒中の既往歴がある場合は、男女ともに2もリスクが高くなります。

 

 

脳動脈瘤を破裂させないようにするためには、健康的な日常生活とストレスを溜めない生活を送ると良いでしょう。

 

 写真://www.ashinari.com/2012/06/23-363781.php?category=288

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害…くも膜下出血の発症は飲酒や喫煙が原因かも?!

  突然バットで殴られたような激しい頭痛や嘔吐、痙攣、意識障害が突然のように襲...

脳卒中は元気な人ほどなりやすい?!原因を持つ人の特徴について

  脳卒中とは何らかの理由で脳で出血が起こることによって発症します。脳卒中...


「倒れる」だけが脳卒中じゃない!見逃してしまいやすい脳卒中のこんな症状、知ってますか?

  一言で脳卒中といっても、それはいくつかのタイプにわけることができます。脳の...

知っておこう、クモ膜下出血についての基礎知識~症状とその治療

  クモ膜下出血と言えば“ハンマーで後頭部を殴られたような痛み”として表現...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る