カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 汗で分かる「体の健康」…あなたのかく汗はいい汗ですか?悪い汗ですか?見分け方は?悪い汗は病気のサイン?悪い汗をかく原因とは?

気になる病気・症状

汗で分かる「体の健康」…あなたのかく汗はいい汗ですか?悪い汗ですか?見分け方は?悪い汗は病気のサイン?悪い汗をかく原因とは?

気温が高くなってくると、何もしていなくてもじっとりと汗をかきますよね。

 

汗は体温調整のためにかかせない働きをしています。しかし汗にもいい汗、悪い汗があるのを知っているでしょうか。

 

いい汗・悪い汗ってなに?

ここで言う「いい・悪い」というのは「健康的・不健康」ということです。ではどういった特徴でいい汗と悪い汗が見分けられるのでしょうか。

 

<いい汗の特徴>

・サラサラして蒸発しやすい(すぐに乾く)

・粒の小さい汗

・舐めてもあまり味がしない

・においがない

・熱中症になりにくい

 

味がしないということはつまり、汗に塩分やミネラルが少ないということであり、においがないということは雑菌が繁殖していないということです。

 

また蒸発しやすいため、適切に体温を下げることができ、熱中症になりにくいです。

 

<悪い汗の特徴>

・ベトベト・ネバネバしていて蒸発しにくい(なかなか乾かない)

・粒の大きい汗

・舐めるとしょっぱい

・においが出る

・熱中症になりやすい

 

これらはつまりいい汗の逆で、汗に塩分やミネラルが含まれ、雑菌が繁殖しているということです。また、蒸発しにくいことから熱中症になりやすいのです。

 

なぜこんな違いがでるの?

こうした違いは体の塩によるものです。通常、汗を出す汗腺は、毛細血管から塩分やミネラルも一緒に水分をくみ取ります。しかし塩分やミネラルは体に必要な成分ですから、それだけは体に戻し、水分だけを汗として体外へ出します。

 

しかし、悪い汗をかく人の場合この機能が低下しており、くみ取った塩分やミネラルも一緒に汗として体外に出してしまうのです。

 

近年はこの汗腺の機能が低下している人が増えていると言います。

 

あなたの汗はいい汗でしょうか?悪い汗でしょうか?一度自分の汗を確認してみましょう。

 

病気かもしれない?!良い汗・悪い汗の見分け方とは?

人間がかく汗というものは、様々な成分が含まれており、その成分は日常の生活や食事・体内に溜め込んだ毒素などで成分も異なってきます。要するに、汗の成分を調べると、臭いや粘り気、尿素…様々な成分から、その汗が【良い汗】なのか【悪い汗】なのかを判断することが出来ます。汗によって、見つけることが出来る病気もあり、汗というものはもの言わぬ人間の“SOS”サインでもあります。

 

 

◆良い汗とは?

良い汗というものは、汗をかいてもサラサラで、独特の臭いや酸っぱいような味がさほど気にならない状態のものを指します。汗の粒が小さめで、タオル等で拭くと、すぐに乾き、乾いたあともサラサラと違和感・不快感を感じることのない汗を言います。

 

◆悪い汗とは?

悪い汗とは、ベタベタネバネバといった汗で、臭いも強く、味も酸っぱい味をしています。本来であれば体の水分がサラサラな汗となり発汗するのですが、悪い汗はミネラルを始め様々な毒素・老廃物が混ざってしまうため蒸発しにくく、ベタっとした汗になってしまうのです。

 

◆悪い汗をかくとどうなる?

悪い汗をかくと、もちろん不快になりますし、拭っても拭ってもベタつきが消えず、臭いにも嫌気がさしてしまいます。女性は、化粧も崩れてしまい、TゾーンやUゾーン、小鼻あたりも汗と皮脂が混ざりヌルっとした感触に…。

 

これらの内容の様に精神的に不快になるだけでなく、悪い汗は体の病気を知らせてくれる汗でもあります。汗腺が老化している・皮膚の老化・免疫力の低下・運動不足・過剰なまでに溜め込んだストレス・食生活の乱れ…等々が問題として挙げられるようになります。病院を受診することで、糖尿病や更年期障害など、稀に体に潜む病気が見つかるケースもあります。

 

 

汗は人間の体調に関する様々な情報が詰まっています。汗を調べるだけで、食生活や運動・尿素・病気の有無なども解るように、医学が発展しています。汗の違和感を感じても、そのまま何も対応しなければ、汗は変わりません。もちろん、人間は緊張しても、気温や湿度の変化でも汗をかいてしまいますが、自分の汗が不快に感じたり「様子がおかしいな」と思った場合には、迷わず病院を受診してみましょう。

 

悪い汗は熱中症の原因にもなる?!良い汗と悪い汗の見分け方

梅雨から夏にかけては高温多湿のため汗をたくさんかく季節です。汗をかくこと自体は一般的には良いことですが、汗にも良い汗と悪い汗があることをご存知でしょうか。特に悪い汗は何らかの病気のサインといわれています。

ここでは良い汗と悪い汗の見分け方をしっかりと勉強しましょう。

 

良い汗の特徴とは

良い汗は以下の特徴があるとされています。

・水のようにサラサラしている

・蒸発しやすい

・汗の粒が大きくない

・汗を舐めても味がしない

・汗から雑菌が繁殖しにくく、においがない

 

悪い汗の特徴とは

・逆に悪い汗の特徴は以下の通りとなります。

・汗がベトベト・ネバネバしている

・汗が蒸発しにくい

・汗の粒が大きい

・汗を舐めると塩からい味がする

・汗から雑菌が繁殖しやすく、においがする

 

良い汗と悪い汗の違いとは

以上のことからわかることは、汗にどれだけ塩分やミネラルが含まれているかということです。良い汗の場合は、汗を出す汗腺が血管から塩分やミネラルを含んだ水分を元に汗を作りますが、その際に体に必要な塩分・ミネラルを体内に戻してくれます。

そして、水分だけが汗腺を通って汗となり、体外に排出されます。

しかし、悪い汗の場合、塩分・ミネラルが水分と一緒に汗の中に含まれて体外に出てしまうのです。

 

悪い汗は熱中症の原因にも

悪い汗は熱中症の原因にもなります。悪い汗には塩分・ミネラルが含まれているため、これらが含まれていない良い汗よりも蒸発しにくいためです。

汗は蒸発することではじめて体から熱を奪い、体温を下げる役割を果たしますので、蒸発しなければ体温調節には役割を果たさないのです。

 

以上のように、良い汗と悪い汗のポイントは、塩分・ミネラルが含まれるかにあります。自分の汗がどちらか一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

悪い汗は病気のサイン?悪い汗をかく原因とは?

夏は汗をたくさんかきますが、汗にも良い汗と悪い汗があります。悪い汗には原因があり、また汗をかく部分によっても健康状態がわかるといいます。これらの点について、具体的に見ていきましょう。

 

悪い汗をかく原因とは

悪い汗をかく原因には以下の点があるとされています。

・常態化した運動不足

・ストレスや睡眠不足からくる自律神経の乱れ

・冷房の使いすぎによる体温調節機能の低下

・食生活の乱れ

 

これらは特に夏に起こりやすい点ではないでしょうか。暑いために運動する機会が減り、冷房の室内で冷たいものや飲み物ばかり摂取する、夏の様々なイベントなどで遊びすぎて睡眠不足になったり、帰省など人間関係で知らず知らずのうちにストレスを感じたりなど、夏は悪い汗をかく原因が目白押しです。

 

汗をかく部分を見れば健康状態がわかる!

さらに、汗をかく部分がどこか観察すれば、自分の健康状態がわかります。

 

1 上半身だけよく汗をかく場合

このような人は糖尿病の恐れがあります。また、何らかの神経障害によって下半身の発汗機能がうまく働かないという場合もあります。

 

2 首から上ばかり汗をかきやすい場合

このケースは更年期障害の女性に多いとされています。女性ホルモンが減少することでホットフラッシュと呼ばれる現象が起こり、このことが頭の発汗作用を極度に高めてしまうからです。

 

3 脇やひざの裏に汗をかきやすい場合

この場合は健康な汗のかきかたです。とくにひざの裏は運動することで筋肉が熱を生み出し、その結果として汗をかいているので通常の汗のかき方です。しかし塩分が含まれる汗は悪い汗ですので、上記の原因に心当たりがないか、日々の生活態度を見直しましょう。

 

以上のように、悪い汗の原因や汗をかく場所を観察することで、自分の生活習慣や健康状態を見つめなおすきっかけとなるのです。

 

(Photoby:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

二度と蜂の巣を作らせないために…蜂の巣を再建させないための3つの方法~クラゲのアナフィラキシーショック~

蜂という生き物は、毎年・毎回同じ場所に巣を作ることで有名です。小さいうちに蜂...

汗疱(異汗性湿疹)の原因「ビオチン欠乏症」って?治療法は?

◆汗疱(異汗性湿疹)ってどんな病気? はじめに、汗疱(異汗性湿疹)とは...


もしかして汗疱?汗疹性湿疹?「あせも」と間違えやすい病気!

あせもだと思い、自己診断で治療を続けていたのにも関わらず、なかなか症状が改善...

低温やけどから生ずる危険な症状、悪化させないために!低温やけどの対処法

 低温やけどになってしまって最も気をつけなければならないのは、皮膚の表面に現...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る