カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 食べずに捨てているその部分に栄養がぎっしり!野菜の捨てている部分の栄養って?

健康診断・健康管理

食べずに捨てているその部分に栄養がぎっしり!野菜の捨てている部分の栄養って?

 

普段料理をしているときには、「皮」「ワタ」「種」といった部分は捨ててしまいますよね。こうした部分はおいしくないですし、苦かったり、食感が悪かったりで食べる部分という意識がありません。

しかし実はこうした場所にこそ、栄養が多く含まれているのです。

 

捨てている部分にはどんな栄養が含まれているの?

ニンジンの皮

もちろんニンジン自体も栄養が豊富な野菜ですが、皮には本体よりも多くのカロテンが含まれていますカロテンは強い抗酸化作用があるので、免疫力を高めてくれますし、さびにくい体にしてくれるため美容にもよいです。

ニンジンを皮ごとよく洗ってから、小さく切ってポタージュにしたり、細く切ってきんぴらにしてもよいですね。

 

カボチャの種

カボチャの種は非常に栄養素の高い食材です。国によっては薬として利用されてもいます。

栄養としてはコレステロールの上昇を抑えるリノール酸やオレイン酸良質たんぱく質美容に欠かせないビタミンEミネラル鉄分といったものが豊富に含まれています。

カボチャの種はよく洗って、レンジで乾燥させ、炒って塩などを振れば、簡単なおつまみになります。

 

ピーマンのワタと種

ピーマンのワタと種には、ピラジンという成分が豊富に含まれています。これには血行を良くする働きがあります。

ピーマンをそのまま食べるにはお肉と合わせると、食感や苦味を気にせずに食べられるそうです。ワタや種をとらないで通常のピーマンの肉詰めと同じように作ることができます。

 

ほうれん草の根

ほうれん草の根の部分は少し赤っぽくなっていますよね。この部分にはカルシウムやマグネシウム、マンガンが豊富に含まれているため、骨を丈夫にしてくれます。

調理する前はよく洗って泥を落とします。ほうれん草の根はどんな料理でもできますから、きんぴら味噌汁炒め物カレーの具としても利用できます。

 

ここに挙げた以外にも基本的に皮やワタなどの捨ててしまう部分には、栄養が豊富です。夏バテしやすいこれからは特に、こうした栄養豊富な食材で、体の元気を維持したいですね。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3-%E7%B7%91-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88-%E7%A8%AE%E5%AD%90-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E9%A3%9F%E5%93%81-314865/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

バーベキューを食中毒の思い出にしないために…出発前に万全にしておきたい食中毒対策!

  春から夏の時期にかけて外でバーベキューを企画することも増えてくるかと思いま...

現在増加中の栄養失調!あなたは大丈夫?新型栄養失調チェックまとめ!

日々の食生活、3食きちんと食べていますか?きちんと食べていれば、自分が栄養失...


胃腸炎から回復したあとの食事

夏には食中毒、冬にはウイルス性胃腸炎の流行、一年を通して胃腸炎にかかる可能性は...

ティータイムでお手軽健康法 あなたの体質を改善してくれるお茶はどれ?

古来より薬として重宝されてきたお茶。お茶にはさまざまな種類、さまざまな味と香...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る