カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. 食事 >
  6. 家族の健康を守る!食事から行う夏の冷え対策 野菜は根菜!ゴボウ茶の効果知ってますか?

女性のカラダの悩み

家族の健康を守る!食事から行う夏の冷え対策 野菜は根菜!ゴボウ茶の効果知ってますか?

お子さんや夫、じぃじ・ばぁばの健康を第一に考え、夏場にも家族皆が健康でいられるようにと、お母さんが出来る冷えの対策を考えてみました。
人は体を冷やしてしまうと、様々な機能が低下してしまい、風邪を引きやすくなったり集中力の低下、体そのものの活気が抑えられてしまいます。
体を作るために毎日おこなっている事、それは食事です。食事の中で出来る、体の冷え対策を考えてみましょう。
 

◆野菜の中でも根菜はトップレベル!

体調の管理に気を遣って様々な野菜を彩りよく使っているお母さん。しかし、野菜の中でも、特にからだの冷え対策に効果を発揮するものがあります。
それが根菜です。
根菜といえば、通常冬に収穫できる、冬の旬物というイメージですが、冬に旬を迎える野菜だからこそ、冷え対策には効果バツグンなのです。
 
特にオススメな根菜はジャガイモ・人参・さつまいも・大根・ゴボウ・レンコン・山芋です。
おかずの品として作ることもできますし、ゴボウチップスやジャガイモチップスなどは、おやつとしても取り入れることが可能です。
 

◆ゴボウを使った“ゴボウ茶”のレシピ

健康にも非常に良いとされるゴボウ。上記でも述べたように野菜のなかで冷え対策に有効な根菜の1つとも言われています。
このゴボウを使って、自宅で簡単ゴボウ茶を作ってみましょう。
 
【材料】
ゴボウ・・・・・・・・・2本程度
 
【作り方】
1)ゴボウを丁寧に水洗いしささがきしていきます。包丁でささがきをしても良いですし、難しい方はピーラーなどを使っても良いです。ゴボウは皮付きのままで使用するのがベストですが、気になる方は水洗いする際に皮も取ってしまって大丈夫です。(皮には高い栄養価がありますが・・・)
 
2)ささがきしたゴボウを天日干しします。できれば、天日干し用のネットなどを購入されておくと便利です。
 
3)しっかりと乾いて水分がなくなった事を確認できたら、今度はフライパンで煎っていきます。弱火〜中火でじっくり煎り、指で触ったときにパリパリと割れてしまうくらいに煎れたら完成です。
 
4)煎ったゴボウの余熱もとれたら、密封が可能な容器や瓶に入れ、常温保存しましょう。ゴボウがそのまま茶葉になります。
 
5)急須に煎ったゴボウを煎れ、熱湯を注ぎ、少し時間を待ちます(数分程度)。湯飲みに注ぎ、飲んでください。
 
香りはゴボウそのままで、味は正直、緑茶などの“お茶”とは全く違った味です。
最初はゴボウ茶の味に違和感を感じ、美味しくない!と感じるかもしれませんが、慣れてくると、自然なゴボウの風味がクセになります。
 
健康にも良い、冷えにも良い、栄養価も高いとなれば、これは是非試してみるしかありません。
 
乾燥させる時間が、長い場合には2・3日かかります。
湿度の高い場所には置かず、日が当たる場所で十分に乾燥させましょう。鳥などに狙われてしまわないように注意してください。
 
(Photoby:足成)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

冷え性・乾燥などの冬トラブルに*ウルトラ蒸しショウガ・スープ

   鍋や紅茶や昆布茶などに *ウルトラ蒸しショウガ*   中国漢方では...

冷え性対策の鍋もいつもだと飽きる…体を温める効果も増加する♪○○を入れてアレンジ!

  冬にお鍋はおいしいですが、どうも味や具材が一辺倒になってしまっていませんか...


自宅でもできる♪簡単薬膳鍋!冷え対策に効く4大食材を使って、手軽に冷え取り鍋を楽しもう!

寒い冬に、体を温める食べ物は嬉しいですよね。 特に冷え切った体を中から温め...

体を冷やさないお酒の飲み方

  お酒の席ぐらい、冷え性のことは考えないで自由にお酒を飲みたいかもしれません...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る