カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 夏のお弁当は「水分」に注意!水分を徹底排除して細菌が増えにくいお弁当にしよう!!

健康診断・健康管理

夏のお弁当は「水分」に注意!水分を徹底排除して細菌が増えにくいお弁当にしよう!!

 

夏の食卓では、細菌に気をつけなければなりません。

それは家で食べる食事でもそうですが、特にお弁当においては、作ったものをすぐに食べない分、十分に配慮しなければいけません。注意しなければお弁当で食中毒になってしまうということもあり得るのです。

 

「お弁当の栄養+水分」が危ない

細菌が繁殖するには3つの条件が満たされることが必要です。その3つというのが「栄養」「温度」「水分」です。

お弁当の中には当然栄養が満点です。さらに、ほとんどの細菌は10~60℃で増殖します。特に36℃前後で最もよく増殖するため、夏の気温は細菌にとって非常に好環境ということができます。

さて、お弁当で、問題となるのは最後の「水分」です。栄養と温度があるのは仕方がないとして、水分は工夫次第で極力減らすことができます

 

チャーハンは〇で炊き込みご飯は×

チャーハンは材料を炒めて水分を飛ばして作ります。そのためお弁当には適していますが、逆に炊き込みご飯は普通のごはんに加えて、具材の水分も含まれます

そのため水分量が増えてしまって細菌が繁殖しやすくなります。

 

トマトは切らないで入れる

彩として入れることの多いトマトは、切ってしまうと断面から水分が出てしまいます。そのためプチトマトをそのままの状態で入れる方がよいです。

 

ソースやしょうゆは小さい容器で

ソースやしょうゆはかけておく方が楽かもしれませんが、水分という点を考えると、小さい容器に入れて入れておいた方が良いです。

 

水分が多いものを入れたいときにはどうすればいいの?

どうしても炒め物などをすると、時間が経って水分が出てしまうことがあります。

では炒め物を入れたいときにはどうすればよいのでしょうか。水分が多いおかずの場合には、お麩、乾燥わかめ、ゴマなどの様な水分を吸ってくれるものを敷くのがいいしょう。

自然解凍するようなものも、解凍と共に水分が出ますので、同様にするとよいです。

 

夏のお弁当は細菌の繁殖にとても気をつかうと思います。「水分」というキーワードを軸にして、食中毒の可能性をできるだけ減らしてあげましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%81%8A%E5%BC%81%E5%BD%93-%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%84%B1%E7%B7%9A-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81-200762/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

アンチエイジングにも子供の健康にも欠かせないオメガ脂肪酸の効能とは

  脂肪というとあんまりよいイメージはない、肥満と関係してそうといった声もあり...

オメガ脂肪酸で高まる『ワーキングメモリー』っていったいどんなもの?

  オメガ3系脂肪酸は記憶力を高める、高脂血症を予防するなどの効果があることが...


『良く噛むこと』はアレルギー性疾患を予防する?!

  『100回噛んで食べると良い』に根拠はある?   多くの方が、昔ご...

口内炎にいい食べ物って?

  そもそも口内炎にいい食べ物とはなにか?   口内炎のときに食べる物...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る