カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. 傷みやすい夏のお弁当…お弁当の準備段階で気をつけておきたいポイント

健康診断・健康管理

傷みやすい夏のお弁当…お弁当の準備段階で気をつけておきたいポイント

家庭によっては毎日お弁当を作っている家庭もあると思います。

しかし気温が高くなるにつれて気になるのが、お弁当の傷みです。誰かのために作っているお弁当で、食中毒なんてことになったら嫌ですよね。

そんなことにならないよう、お弁当を作るときにはいくつか注意をしましょう。

ここでは、お弁当をつくる準備の段階で気をつけられることについて紹介していきます。

 

新鮮な食材を準備する

古くなって鮮度が落ちた材料はそれだけで危険です。

必ず新鮮な食材を用意しましょう。野菜ももちろんそうですが、肉や魚の場合も重要です。新鮮な食材を使って、かつよく加熱することで細菌の繁殖を抑えることができます。

 

生野菜は避ける

彩のために生野菜を入れたり、仕切りのために葉物の野菜を入れることがあると思います。しかし生野菜はきちんと洗っても細菌がついていることがあるので避けましょう。

 

調理道具の殺菌も必要

お弁当を作る際に、まな板やふきん、包丁などの調理器具が細菌に侵されていたら意味がありません。そのため、調理器具を殺菌消毒することもとても大切です。

まな板や包丁などの道具は熱湯をかけたり、除菌用の洗剤を使うことで殺菌できます。

 

また、ふきんは汚れなどを落とす分、食材の栄養なども溜まりがちなのでこまめに殺菌するとよいです。

詰める前のお弁当箱をお酢を含ませたキッチンペーパーでひとふきしてもよいです。

 

調理者の手も清潔にすることが必要

調理者の手は最も料理に触れますから、それが清潔であることが重要です。

特にサンドイッチやおにぎりなどは直接手でふれますから、清潔にしましょう。できればおにぎりなどはラップに包んでつくるとよいです。

 

細菌は目に見ることができません。お弁当を食べる際に変なにおいがした場合には食べない方が賢明ですが、細菌が増殖していても見た目や味に変化がない場合もあります。ですからできるだけ調理の段階から気をつけてあげることが求められます。

 

(Photo by:pixabay)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事法に関する記事

「朝食」を抜くと脳卒中リスクが30%増加する?生活習慣が原因となる「早朝高血圧」に注意

近年、国立がん研究所の調査で「朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて...

「元気になる」だけじゃない、様々な栄養ドリンクの種類…自分にあった栄養ドリンクの選び方

   コンビニなどで手軽に変える栄養ドリンクというのは、効果によって種類が分かれ...


子どもの夜食をつくってあげよう!しっかりと考えてあげたい受験生の夜食、オススメは○○!

お腹が空いていては、勉強に集中することができません。夕飯を食べ終えたわが子が...

高齢者の夏バテを防ぐ食事の3つのポイント ビタミンB1・夏野菜・水分を積極的に摂取しよう

高齢者の夏バテを防ぐためには、栄養のある食事をバランスよく摂取することが必須...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る