カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. バーベキューを食中毒の思い出にしないために…出発前に万全にしておきたい食中毒対策!

健康診断・健康管理

バーベキューを食中毒の思い出にしないために…出発前に万全にしておきたい食中毒対策!

 

春から夏の時期にかけて外でバーベキューを企画することも増えてくるかと思います。

でも、その楽しいはずのバーベキューが、食中毒のために辛かった思い出に変わる危険があります。そうならないためにも正しい知識で準備をしましょう。

 

生食用、加熱用とあらかじめ分けておく!

クーラーボックスへ食材を入れる際に生食用、加熱用と別々のクーラーボックスに入れるようにしている人は少ないと思いますが、それが食中毒を回避する大切な一歩になります。

家で準備をしている段階から、別々にすることで食中毒になる危険度がぐっと下がります。

 

保冷は万全に!

クーラーボックスへ食材を入れる際に保冷剤や氷を一緒に入れますが、その入れ方も重要です。

まず、下に保冷剤を敷き詰めますその上に食材を入れるのですが、どんどん入れるのではなく、保冷剤と食材が層になるように詰めていってください。一番上も保冷剤でフタをするようにします。

 

おにぎりは素手NGラップOK

バーベキューで持っていくことが多いおにぎりも気をつけなくてはなりません。家で握って持っていくわけですが、素手で握るよりもラップに包んでから握るほうが雑菌がつきにくくなります

いくら手を洗ったからと言っても、手にいる殺菌を見ることはできませんから、念には念を入れておきましょう

 

食器類は水気を切って!

トングや菜箸などを入れるときに、水分が付いていないか確認をしましょう。菌は水分が大好物です。野外へ持っていく際は直前に洗うのではなく、きちんと乾かす時間を頭に入れて準備しましょう。

 

ちょっとした工夫で食中毒を回避することができます。食中毒で辛い思い出を作るのは誰だって嫌です。一人ひとりが気をつけることにより楽しい思い出にしましょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/14-022412.php?category=28])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

食べずに捨てているその部分に栄養がぎっしり!野菜の捨てている部分の栄養って?

  普段料理をしているときには、「皮」「ワタ」「種」といった部分は捨ててしまい...

高血圧!ポイントを抑えた減塩を心がけて効果的に血圧コントロールをしよう!減塩する理由とその秘訣

  血圧の高い人と低い人ではどちらが多いかと言われたとき、中高年になれば血...


バーベキューで食中毒の可能性!お肉をちゃんと焼いても食中毒の可能性があるんです!

  気温が良くなっていくにしたがって、ニュースでは「行楽日和」と言われる日が増...

コーヒーで健康! さまざまな成分とその効果

  世界各地で愛されているコーヒー、日本人も大好きですよね。コーヒーのもつ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る