カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 肌の老化には二つあるって知ってる?「自然老化」と「光老化」ってどう違うの?

女性のカラダの悩み

肌の老化には二つあるって知ってる?「自然老化」と「光老化」ってどう違うの?

 

紫外線がメラニンに働きかけ、シミをつくるというのは、今ではよく知られています。これと同時に肌のシワも紫外線が作り出すというのを知っているでしょうか。

 

シワには自然にできるものと光によってできるものがあるって知ってた?

年をとれば誰でも肌にしわが刻まれるものです。加齢によって人の体の機能は低下しますから、それによって肌が老化し、ハリや弾力が失われ、しわをつくります。

しかし、顔や手、首にはシワが深く刻まれるのに対して、お腹や太もも、二の腕の内側はどうでしょうか。この部分には手や顔に見られるような深いしわは刻まれません。この違いに関係があるのが紫外線によって起こる「光老化」です。

 

自然老化と光老化の違い

具体的に見た目でも、加齢に伴って起こる自然老化と、紫外線によって起こる光老化は違いがあります。

その違いというのは以下のようなものです。

<自然老化>

なめらか・ハリが低下している・肌のきめは正常

<光老化>

肌がゴワゴワしている・深いシワやシミがある・肌のきめは著しく粗い

 

自然老化は、表皮が全体的に薄くなり、潤いを保つ機能が徐々に低下して乾燥し、ハリが失われます。老化の進み方はゆっくりで、比較的スベスベとした肌が保たれます。

一方光老化は紫外線が真皮のたんぱく質を壊し、シワを形成します。紫外線のダメージによって肌の新陳代謝そのものが乱れ、肌機能が著しく低下し、潤い、ハリが失われます。

 

肌の老化の8割が光老化と言われている

光、つまり紫外線の肌への影響は大きく、肌老化の原因の8割は光老化によるものとされています。

加齢によって起こる肌の老化は抗うことはできませんが、紫外線によって起こる光老化は、浴びた紫外線の量、強さ、時間によってコントロールすることができます

そのため紫外線対策をすることによって肌の老化スピードを緩めることができるのです。

 

光老化による肌の変化は、子どもの頃から浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こるものです。長い時間をかけてじわじわと起こるものだから、できてしまった後に後悔しても、その時にはすでに体の修正機能も低下しているので、なかなか元に戻ることはないのです。

だから、若いうちからの紫外線対策で光老化のスピードを緩めましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E6%89%8B-%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%81%97%E3%82%8F-%E9%BB%92%E3%81%A8%E7%99%BD-351277/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

別名老人性膣炎!萎縮性膣炎の治療では対処両方も大事です!

  老人性膣炎と言われる疾患があります。老人性と言われてしまうと高齢の方にしか...

女性ホルモンを塗る?萎縮性膣炎の治療

  萎縮性膣炎と言う疾患は、加齢や手術と言った理由で女性ホルモンの分泌が減少し...


高齢者の発症が増加する萎縮性膣炎の症状とは?

  日本女性の平均寿命は、世界的に見ても高い水準ですし、実際高齢まで生きる方は...

油断しやすい梅雨こそ光老化対策を忘れないで!梅雨の紫外線対策はこれで対策!

人は誰しも、年齢を重ねると共に肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみができてい...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る