カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 紫外線の中で本当に怖い紫外線は「生活紫外線・A波」!この紫外線が光老化に悪影響だった!

女性のカラダの悩み

紫外線の中で本当に怖い紫外線は「生活紫外線・A波」!この紫外線が光老化に悪影響だった!

 

歳をとるとある程度体の各部分にシワができてしまうのは仕方のないことです。年齢が出やすいと言われる場所には、手や首があります。

もちろん顔のシワも年齢を象徴しますよね。どうしてこれらの場所には老化の変化が見られやすいのでしょうか。

 

紫外線で起こるこわい「光老化」

基本的に体の隠れている場所には、シワはできにくいです。反対にさらされていることが多い顔や手、首といった箇所は、シワやシミが起こりやすい場所です。

さらされている場所ということは、光にあたっている場所ということです。つまり紫外線に多く当たっている場所ということです。

こうした紫外線によってもたらされる肌の老化のことを「光老化」といい、肌老化においては、大きな影響を持っているものです。

 

2つの紫外線「レジャー紫外線」と「生活紫外線」

地上に降り注ぐ紫外線にはA波とB波があるというのを知っている方もいると思います。

A波というのはエネルギーはそれほどつよくないもので、B波はエネルギーが比較的強い紫外線です。

レジャー紫外線のB波

B波はレジャー紫外線と言われることもあります。その名前の通り、ビーチやアウトドアなど日差しが強い場所で多く、そういった場所に行くから「しっかりと紫外線対策をしなければ」と頑張る人も多いです。

B波はエネルギーが強いのでたくさん浴びると、肌が赤くなって炎症を起こします。すると肌が危機感を感じてメラニン色素を増殖させ、シミを作ります

生活紫外線のA波

しかしどちらかというと、気をつけなければいけないのは、生活紫外線と言われるA波です。紫外線の9割はこのA波が占めていて、ガラスも通過してしまう曲者です。エネルギーの強いB波に比べて派手な肌の変化はありませんが、その分、肌の奥への影響が大きく、時間をかけて肌の奥から肌組織にダメージを与えます

これが高齢になって老化現象としてあらわれ、もどらないシワやたるみになるのです。

生活紫外線と言われるだけあって、どんな場所でも季節でも比較的コンスタントに降り注ぐので、結果的に蓄積されるダメージが大きくなります。

 

紫外線は目に見えない分、暑さやまぶしさといった肌で感じられる面を基準にして紫外線対策をしてしまう傾向があります。

しかし実際には、暑くなくてもまぶしくなくても、紫外線による光老化は起こっているということを知って、対策をしましょう。

 

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E5%85%89-%E7%A9%BA-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89-%E6%9B%87%E3%81%A3%E3%81%9F-%E6%98%8E%E3%82%8B%E3%81%84-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-16837/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

萎縮性膣炎に関する記事

萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...

萎縮性膣炎の原因とは?加齢、手術…!?

  女性特有の病気に萎縮性膣炎と言う病気があります。膣炎でしかも萎縮性という言...


高齢者の発症が増加する萎縮性膣炎の症状とは?

  日本女性の平均寿命は、世界的に見ても高い水準ですし、実際高齢まで生きる方は...

ほとんど無症状?萎縮性膣炎の症状とは?

  人は年齢を重ねるにつれて、生殖器の機能が低下していきます。そしてある一定の...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る