カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. 梅雨の時期に増加する食中毒!特に注意したい3つの食中毒に注意して!

アレルギー

梅雨の時期に増加する食中毒!特に注意したい3つの食中毒に注意して!

 

湿度はもちろん、気温も高くなる梅雨は細菌が増加します。そのため、それに伴って細菌性の食中毒が多発します。

では具体的に梅雨の時期になると、どのような食中毒が多く発生しているのでしょうか。

 

梅雨の時期に増加する食中毒

以下の梅雨になって多発する食中毒の、原因菌をご紹介します。

 

カンピロバクター

日本で発生する食中毒の中では発生件数が最も多い食中毒が、このカンピロバクターによる食中毒です。家畜やペット、野生動物などあらゆる動物が保菌しています。

大規模な感染事例より、飲食店などといった小規模の感染事例が多いことから、個々の施設ごとの対策が大切です。

 

加熱処理:熱に弱く、加熱処理をすることで死滅します。

症状  :下痢・腹痛・頭痛・嘔吐・悪寒・まれにギランバレー症候群を合併する。

気を付けるべき食材:鶏肉の半生製品・牛生レバーなど

 

黄色ブドウ球菌

ヒトを含め各動物に広く分布する菌です。食べ物の中で増殖するのに伴って、エンテロトキシンという毒素を出し、それを摂取することで食中毒になります。

加熱処理:エンテロトキシンは耐熱性を持っており、加熱によって働きが失われないのが特徴です。

症状  :悪心・嘔吐(通常は24時間以内に改善する)

気を付けるべき食材:おにぎり・弁当・菓子類など

 

サルモネラ菌

あらゆる場所に生息している菌で、特に家畜の腸管内に常在しています。

加熱処理:熱に弱く、加熱処理をすることで死滅します。

症状  :下痢・腹痛・嘔吐・発熱・悪寒・頭痛・脱水症状

気を付けるべき食材:食肉・鶏卵など

 

梅雨の時期の食材の保管、管理には細心の注意を払いましょう特に小さいお子さんや高齢者がいる家庭は、注意が必要です。

免疫力の弱い方が食中毒になると症状が大きくなって、回復に時間がかかったりしますし、本人への負担も大きいものになります。料理者の正しい知識が必要です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9-%E9%9B%A8%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6-%E6%89%8B-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6-%E9%9B%A8-%E9%9B%A8%E3%81%AE%E6%97%A5-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88-97503/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

アトピー性皮膚炎や口腔アレルギー症候群など…アレルギーの種類

■アトピー性皮膚炎痒みのある湿疹や皮膚炎が悪くなったり、良くなったりする慢性のア...

アレルギーの原因となるカビの種類と特徴

  ジメジメした日の当たらないところに生えやすいカビ。特にお風呂場などは油...


アレルギー患者はどれくらい増えているの?

何らかのアレルギーを持っている子供が増えている、という話を聞いたことがある方もい...

アレルギーの原因「一般的アレルゲンと職業性アレルゲン」とは

アレルギーには、症状の原因となるものがあります。それをアレルゲンと呼んでいます。...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る