カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 食品交換表を役立てよう!食品交換表をを使った糖尿病のための食事療法とは

生活習慣病

食品交換表を役立てよう!食品交換表をを使った糖尿病のための食事療法とは

糖尿病の治療においては、血糖値の管理が不可欠ですが、その中でも日々必ず行う食事を通じた治療法は、その中でも中心的な位置を占めています。

糖尿病における食事療法といっても、様々なものがありますが、ここでは食品交換表とカーボカウンティングについて詳しく見ていきましょう。

 

食品交換表による糖尿病の食事療法とは

この食事療法は、エネルギーの摂取量に対して制限を加えつつ栄養のバランスに配慮した食事療法です。

食品交換表では、似通った栄養を含む食品をそれぞれ以下の6つの大きなグループに分類します。

 

1 穀物や豆・いもなど、糖質を主に含む食品

2 糖質を主に含む食品としての果物

3 魚介類・肉・卵・大豆と大豆製品など、たんぱく質を主に含む食品

4 たんぱく質を主に含む食品としての牛乳と乳製品

5 主に脂質を含む食品としての、油脂や多脂性食品

6 主にビタミン・ミネラルを含む食品(野菜・海藻・きのこ・こんにゃくなど)

 

食品交換表による食事療法では、通常80カロリーを1単位として、それぞれの食品グループから摂取する単位数を決めて、合計の摂取カロリー量をみながら全体の栄養バランスを考えることができます。

食品交換表を用いれば自分が食べた、または食べようとするものがこの表に照らし合わせるとどのような分布になっているのかがわかります。

また、同じグループに偏って多く含まれている場合は、どれかを摂取する代わりに同じグループの他の食材を減らすなどといったことができることから、食品「交換」表と呼ばれています。

 

食品交換表は食生活の変化などに合わせて定期的に改訂されています。

市販されているものもありますし、インターネットで簡単に入手できる簡易版もありますので、これを機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349509.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

手軽な宅配食!選択肢が多い中でどう選ぶ?

  高齢になるとそれだけ、体の機能はあちこち低下していきます。そのため糖尿病ひ...

1日1個の卵の摂取で『2型糖尿病発症リスクが38%抑制』できる?!

健康診断の結果、血清コレステロール値が高い場合、保健指導で「卵は1日1個まで」...


糖尿病の食事療法におけるおやつや市販のお菓子との付き合い方

  糖尿病における食事療法で、一番大切なのは継続することです。   食...

ゴーヤ茶で空腹時血糖値を下げよう!

  空腹時血糖値とは空腹時に測定した血糖値のことで、糖尿病を診断する上で一...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る