カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 注目を集めているカーボカウンティングとGI値、どっちが糖尿病の治療に効果的?

生活習慣病

注目を集めているカーボカウンティングとGI値、どっちが糖尿病の治療に効果的?

糖尿病の治療において食事による治療を希望する場合、どのような方法で行うのかしっかりと理解する必要があります。

その中でも、最近注目を集めているカーボカウンティングによる食事療法と、GI値に着目した食事療法のそれぞれを見ていきましょう。

 

カーボカウンティングによる糖尿病の食事療法とは

カーボカウンティングのカーボとは、カーボハイドレートという炭水化物の英語を略したものです。そのため、カーボカウンティングとは、炭水化物を摂取する量を調整することで血糖値を管理していく食事療法といえます。

カーボカウンティングにおいては、通常炭水化物15グラムを1カーボと設定して(医療機関においては、10グラムを1カーボとするところもあります)、毎食毎の炭水化物量を計測し、血糖値をコントロールします。

日本では最近になって導入され始めましたが、欧米各国ではすでに広く普及された食事療法です。

 

カーボカウンティングによる食事療法に向いている人

カーボカウンティングは血糖値に大きな影響を与える炭水化物の摂取量にのみ着目した食事療法であることから、他の栄養バランスなどはこの方法では考慮されていません。

そのため、すでにバランスのよい食事をしている人や、減量する必要がない人にはお勧めの食事療法です。

また、血糖値のコントロールに重点を置いていることから、糖尿病の三大合併症である、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、そして糖尿病腎症の予防に効果的であると言われています。

 

以上のように、カーボカウンティングは炭水化物に着目しているため、バランスよい食事を摂ることに不慣れな人にはあまりお勧めできません。

そのような人は食品交換表を用いると良いでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349531.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

食品交換表を役立てよう!食品交換表をを使った糖尿病のための食事療法とは

糖尿病の治療においては、血糖値の管理が不可欠ですが、その中でも日々必ず行う食...

糖尿病に効果的なパンの代替食材はこれ!

  糖尿病の食事療法で「糖質を抑えなきゃいけないけど、やっぱり量は食べたい...


糖質ゼロと糖類ゼロの違いは何?どちらを選ぶべき?

  最近良く店頭で目にするのが、「糖質ゼロ」や「糖類ゼロ」と表示されてある...

キケン!!アルコールで低血糖が起きる!飲酒低血糖は「空腹」のときに注意!

  糖尿病でも条件を満たせばアルコールを摂取できます。しかしアルコールには血糖...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る