カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 欧米では主流?GI値を用いた糖尿病の食事療法とは

生活習慣病

欧米では主流?GI値を用いた糖尿病の食事療法とは

糖尿病の治療においては、投薬治療や運動療法がありますが、最も基本的かつ重要なのは食事療法といえます。

日本における糖尿病治療のための食事療法には、食品交換表を用いるもの、そしてカーボカウンティングを用いるものが代表的ですが、豆知識として欧米において主流であるGI値を用いた糖尿病の食事療法を見ていきましょう。

 

GI値を用いた糖尿病の食事療法とは?

糖尿病大国であるアメリカの他、イギリスやオーストラリアなどで主流なのがGI(グリセミックインデックス)値による食事療法です。

炭水化物は消化されることで糖に変化しますが、GI値はその糖への変化の速度を相対的に表す数値をいいます。

血糖値に最も影響を与えるのは摂取カロリー量ではなく炭水化物の摂取量ですので、その意味ではカーボカウンティングに似ていますが、GI値はさらに詳細に炭水化物の摂取に対して管理を行う方法といえます。

 

GI値の見方

GI値は相対的なもので、ブドウ糖を50グラム摂取したときの血糖値の上昇する速度を100として、これを基準に炭水化物を摂取した場合の数値を調べます

基本的に糖に変化する速度が高い高GI値は70以上とされ、以下の食材が含まれます。

 

高GIの食品はこれだ!

・白米
・白パン
・コーンフレーク・シリアル
・ジャガイモ
・スイカ

 

逆にGI値が55以下は糖になるスピードが遅いもので、以下の食材があります。

・ほとんどの野菜と果物
・ナッツ
・豆類など

 

炭水化物は人間の生命活動維持のためには必要な栄養素の一つですが、同時に糖尿病対策をするうえであまり摂取してはいけない栄養素でもあります。

欧米では、このGI値に着目してできるだけ低いGI値の食材を選ぶことで食後の急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病治療につなげているのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/04/24-388231.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

蜂蜜も糖質の一員

 蜂蜜も糖質に代わりはありません。ちまたでは、蜂蜜は甘くても太らず、ビタミンやミ...

果物に糖尿病のリスクを低下させる成分が?糖尿病の食事療法

    果物には野菜などと比べ、糖がたくさん入っています。しかし、最近の研究...


糖尿病の食事管理に「食事宅配」を利用するメリットとデメリット

    糖尿病の方はどうしても食事管理をきっちりしなければいけません。外食、...

制限がいっぱい?食べられないものが多い?ありがち!?糖尿病食事療法への誤解

糖尿病の食事療法というと、どんなものを想像するでしょうか? 糖尿病は食事で...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る