カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. こんなに多くて、こんなに怖い?日本の糖尿病患者の状況、知っていますか?

生活習慣病

こんなに多くて、こんなに怖い?日本の糖尿病患者の状況、知っていますか?

糖尿病の基礎知識として覚えておかなければいけない点として、糖尿病は日本人にとって非常に身近な病気であり、また非常に怖い病気であるという点です。

では、具体的にはどのようなことなのか、詳細についてしっかり見ていきましょう。

 

国民の3割が糖尿病の可能性あり!?

厚生労働省が2007年に発表した、「2007年国民健康・栄養調査」によると、日本において糖尿病の疑いが強い人は約890万人、そして糖尿病予備軍に分類される人はなんと約1320万人もいるといわれています。

両者を加えた場合、20歳以上の成人のだいたい4.7人に1人は糖尿病の可能性または糖尿病の疑いがあることになります。

このように、日本の成人の約21%が糖尿病のリスクを抱えているということからわかるように、糖尿病は決して人ごとではないのです。

 

糖尿病が怖いのは「その合併症が怖いから」

糖尿病は血糖値の値が基準以上に高いという状態で、それ自体ではほとんど自覚症状がありません。

そのため、糖尿病は沈黙の病気とも呼ばれていますが、この状態を放置することで、糖尿病以外の様々な病気を発症するリスクが高まるのです。これが糖尿病が怖い病気である理由です。

 

糖尿病から起こりうる合併症には主要なものとして3つあり、「糖尿病腎症」、「糖尿病神経障害」そして「糖尿病網膜症」があります。

糖尿病腎症は腎臓の毛細血管が機能しなくなるため、人工透析を行う必要があり、日常生活の負担が増してしまいます。

糖尿病神経障害は、手足のしびれや感覚が鈍くなるといった症状があらわれ、糖尿病網膜症では視力の低下、白内障、そして最悪の場合失明する場合もあります。

 

成人の5人に1人以上がかかる可能性のある病気が、合併症として様々な病気のリスクを高め、人工透析や場合によっては失明のリスクもあるので、決して甘くみてはいけません。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349528.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

血糖値やコレステロールを正すために~糖尿病食のカロリー計算~

    ◆2型糖尿病と肥満   糖尿病の大半を占める2型糖尿病。2型糖尿病の発症...

胸や腹部、頭部など…糖尿病を発見する際の身体の観察ポイント!

     糖尿病において早期発見が大切です。今回は糖尿病の発見のポイントとさ...


糖尿病合併妊娠と妊娠糖尿病~多い羊水と胎児過剰発育は注意!

   糖尿病とは、血糖値を抑えるために分泌されるインスリンを作っている、すい臓...

糖尿病のビッグデータから読みとれる人口、男女比、合併症、医療費は?

現在、糖尿病の数は増え続けています。 日本人は遺伝的にインスリンの分泌が少ない...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る