カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病患者の結婚と妊娠…気をつけておきたいことって?

生活習慣病

糖尿病患者の結婚と妊娠…気をつけておきたいことって?

糖尿病はいまや日本の成人の5人に1人が予備軍を含めて糖尿病のリスクを抱えている、大変ありふれた病気であるといえます。

では糖尿病患者の人が結婚、そして女性の場合出産という大きなイベントを迎えるにあたって、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

結婚の場合

糖尿病を患っている人が結婚する場合にまず確認すべきことは、相手が自分が糖尿病であることを理解しているかどうかです。

お付き合いをしているときにある程度伝えているかもしれませんが、糖尿病患者の場合、日々の食事療法にはじまり血糖値のコントロールなど意外と日常生活において様々な制約をうけます。

そのため、糖尿病を隠したままで結婚した場合、食事を通じた血糖値コントロールは難しくなり、結婚生活を送る際に支障をきたす可能性があります。

 

妊娠の場合

妊娠を考えている場合は、糖尿病患者に限らず、糖尿病予備軍の女性、健康体の人であっても妊娠前に血液検査を通じて糖尿病の有無は確認しておいたほうが良いでしょう。

妊娠判明後は初期・中期に血液検査を行い、そこで糖尿病の有無は確認しますが、妊娠前に確認することが非常に重要です。

なぜなら、妊娠初期に血糖値管理が悪い場合は、胎児奇形や流産のリスクが高まるからです。

また、妊娠中の食生活の変化によって、妊娠中期に血糖値管理が悪くなってくると、巨大児・早産・未熟児といったリスクが高まるとされています。

 

糖尿病の方で妊娠希望の方は、糖尿病の専門医に相談をして、妊娠する前に非常に厳しく血糖値をコントロールする必要があります

その上で計画的な妊娠をすることが重要です。そして、妊娠中も産婦人科と糖尿病専門医の情報共有をしっかり行い、出産時には糖尿病専門医がいる病院での出産が必要となります。

 

このように、糖尿病を患っている場合、結婚・出産において様々な点で気をつけなければいけないのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/23-362389.php?category=404.com/2010/02/15-033730.php?category=255)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

「太った?」に要注意!5kg以上太ると糖尿病リスクがUPする!?

昔から太り気味の人は糖尿病にかかりやすいと言われています。そして昨今では体重...

ペットボトル症候群対策はカロリーゼロの飲料では対策できない!?その理由はコレだ!

ペットボトル症候群は急性の糖尿病で、原因が清涼飲料水など、ペットボトルに入って...


運動で暁現象を防ごう!~空腹時血糖値を下げるために~

空腹時血糖値とは、起床後の空腹時の血糖値を指します。空腹時血糖値が高いというこ...

糖尿病は自分で治す、という覚悟が必要

  糖尿病の治療で忘れてならないのは、 治療をする本人が「自分の病気を管...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る