カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病における薬物療法のポイントとは?知っておくべき経口血糖降下薬の種類

生活習慣病

糖尿病における薬物療法のポイントとは?知っておくべき経口血糖降下薬の種類

糖尿病における三大治療法は、食事療法・運動療法・薬物療法です。

このうち食事療法・運動療法は糖尿病患者自らが積極的に考えて動かなければならない能動的な治療であるのに対して、薬物治療はお医者さんが処方した薬を投与する比較的受身な治療法の一つです。

だからといって、薬物療法を知らなくていいというわけではないので、ここでしっかり理解しておきましょう。

 

糖尿病における薬物療法とは

糖尿病における薬物療法の目標は、一日の中で変動する血糖値をできるだけ正常な範囲に維持するという血糖値コントロールにあります。

薬物療法の一つが経口血糖降下薬で、これはその名の通り、血糖値を下げる効果のある薬を服用することです。

もう一つがインスリン注射で、これは膵臓からのインスリン分泌がほとんど又は全くない場合に投与されるものです。以下では、経口血糖降下薬についてより詳しく見ていきましょう。

 

経口血糖降下薬の種類

血糖値を全般的に下げる効果のある薬

1 スルホニル尿素薬

この薬は、膵臓のβ細胞に直接作用し、インスリン分泌を促す薬です。

 

2 ビグアナイト薬

この薬は肝臓で新規にブドウ糖を生産するのを抑制する薬で、また、筋肉がエネルギー源としてブドウ糖をより多く使うように作用する薬でもあります。

 

3 インスリン抵抗性改善薬

この薬は脂肪細胞に作用し、筋肉などがもともと有するインスリン抵抗性を抑えることで、インスリンがもつ作用を高めるための薬です。

 

食後の血糖値の上昇を抑える薬

1 α-グルコシダーゼ阻害薬

この薬は、食事に含まれる糖質・でんぷんの分解を抑制することでブドウ糖が体内に吸収されることを遅らせる効果があります。

 

2 速攻型インスリン分泌促進薬

これはスルホニル尿素薬と同様に、膵臓のβ細胞に直接作用しますが、その効き目がすぐに現れる一方、効果は持続しないという特徴をもつ薬です。

 

以上のように、さまざまな薬があり患者それぞれの特徴に合わせてお医者さんが最も適した薬を処方してくれます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/06/09-378944.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

糖尿病患者だけの疾患ではない!医者も気づきにくい…糖尿病でなくとも低血糖症になる!?

   低血糖症はインスリン注射の治療をしている糖尿病患者だけの疾患ではありません...

糖尿病で起こる神経障害、根本治療は薬物治療!

  当たり前ですが血糖値が高い状態が続くのは、体によいものではありません。高血...


糖尿病との関係…!肥満症手術で2型糖尿病が治る?!

糖尿病は、慢性的な病気と知られています。 ですが、糖尿病の手術については、意外...

糖尿病はいったん発症すると治らない!でも糖尿病は「治らない」けど「改善できる」病気です!

  最初に「治らない」と言われてしまうと身も蓋もありませんが、 現時点で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る