カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 網膜症 >
  6. 失明の恐れも!糖尿病における恐ろしい眼の合併症

生活習慣病

失明の恐れも!糖尿病における恐ろしい眼の合併症

糖尿病の怖いところは、糖尿病そのものよりもその合併症です。

その中でも、眼の合併症は最悪の場合失明に至ることもあり、しっかりと理解しておくことが重要です。

 

糖尿病における眼の合併症とは

糖尿病患者が罹る眼の合併症は、糖尿病網膜症です。網膜は眼の奥にあり光を感じる部部で、細かい血管が無数あります。

糖尿病網膜症はさらに細かく分かれ以下の3つの病気があります。

 

1 増殖前網膜症

糖尿病により網膜の血管がつまってしまい、網膜に流入する血液量が少なくなってしまうことで、網膜内細小血管異常、数珠状静脈異常、そして軟性白斑が発生してしまう病気です。

この病気の特徴としては、病変部分が非常に活発に活動するため、増殖型網膜症へと進行するリスクがある点です。

これを防ぐために光凝固と呼ばれる治療法がなされるのが通常です。

 

2 増殖網膜症

増殖前網膜症が進行すると、硝子体増殖膜や新生血管ができ、病変が網膜だけにとどまらず硝子体にまで及びます。

そうなると、硝子体の出血のほか、網膜はく離、緑内障を発症し、視力が低下して最終的には失明にまで至ります

増殖網膜症には光凝固・硝子体手術による治療が一般的ですが、視力を失ってしまった場合、それを回復させることはほぼ不可能です。

 

3 単純網膜症

糖尿病になると血管がもろくなるため、毛細血管にコブができ、それが破れることで出血することがあります。

通常は自覚症状がないものの、黄斑症を発症した場合、早い段階から視力低下が発生する場合があります。

 

以上のように、糖尿病による合併症で失明のリスクが生じます。

現在では毎年3000人もの糖尿病患者が何らかの視力障害を抱えています。

そのため、糖尿病と診断された場合は、できるだけ早いうちに眼科で検診を受けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037043.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

網膜症に関する記事

糖尿病の合併症、「網膜症」と「白内障」について

  糖尿病は高血糖によるインスリン不足から起こる、さまざまな合併症が起こり...

糖尿病で目の充血?!糖尿病網膜症とは?

基本的に目の充血は、目の疲れや目の病気が原因で起こりますが、時として身体の病気...


糖尿病で失明になることも

 糖尿病を放置しておくと失明する危険性があるというのは有名な話です。それは糖尿病...

インスリン製剤を使用すれば急激に進行する?!糖尿病性網膜症について

糖尿病性網膜症は、従来HbA1cが7~8%以上と高血糖の状態が数年持続すること...

カラダノートひろば

網膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る