カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿潜血(UOB) >
  6. 原因特定が困難?尿潜血検査で陽性の場合、どうやって原因を見つけるの?

健康診断・健康管理

原因特定が困難?尿潜血検査で陽性の場合、どうやって原因を見つけるの?

健康診断の項目でよく見かける尿潜血の項目ですが、これはいったいどのような検査で、陽性の場合、どのようにして原因を見つけていくのでしょうか。

 

尿潜血検査とは

通常尿の沈殿物を顕微鏡で観察した場合、健康な人はほとんど赤血球が混ざっていません。尿潜血検査で陽性反応と診断された場合、尿にその赤血球が混ざっている状態を指します。

顕微鏡検査においては尿を遠心分離機にかけて沈殿した成分を見ます。

そこで一視野に赤血球が5個以上見つかった場合、血尿という診断がなされます。

血尿の判断においては、通常最初の段階では見た目ではわからない程度であるため顕微鏡による判定となります。

症状が進むと、見た目でもわかるいわゆる肉眼的血尿と診断されるぐらい、明らかに尿に血が混ざっていることがわかります

 

血尿の原因究明は困難?

通常混ざらない血液が尿に混ざるということで、何らかの病気が疑われるのですが、実のところ血尿の8割は現在でも原因不明です。

体調によって一時的に血尿になることもあり、陽性だからといって即病気というわけではないと理解することが重要です。

 

血尿の原因を調べるにあたっては様々な角度から検査を行い、原因を究明していきます。

1 尿の精密検査・尿細胞診

尿の中の赤血球だけではなく、細菌や白血球の有無、円柱と呼ばれる分泌物や細胞の塊の有無などを調べ、結石や腎炎の可能性を調べます。

また、悪性腫瘍を疑わせる細胞の有無についても調べます。

 

2 血液検査

尿にタンパクが出ている場合には、合わせて血液検査を行い、カラダの免疫状態について調べることで腎炎の有無を調べます。

 

3 超音波検査

超音波検査で調べる部分は腎臓や膀胱で、この検査により腫瘍や結石といった病気をチェックすることができます。

 

 

他にもX線検査や内視鏡検査などさまざまな検査を行うことで、血尿の原因を調べますが、一度健康診断で尿潜血が陽性と判定されたからといって、あわてず経過を見ながら、より精密な検査を受けるか否かをお医者さんと相談することが重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿潜血(UOB)に関する記事

尿潜血の偽陽性を避けるためには?激しい運動は尿潜血の偽陽性を引き起こす!?

  尿の色と言えば普通はビリルビンが作り出す黄色で、たまには白っぽかったり透明...

2013年から変わった!尿潜血含む血尿診断ガイドライン

医療のガイドラインは、その時その時で変わることももちろんあります。例えば新たに...


尿潜血からわかる怖い病気とは?尿潜血の原因の疾患はこれ?

健康診断で行う尿検査の項目の一つに尿潜血の有無があります。この検査からどのよ...

カラダノートひろば

尿潜血(UOB)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る