カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿素窒素(BUN) >
  6. 尿素窒素は尿検査ではなく、血液検査で確認?基礎からわかる尿素窒素

健康診断・健康管理

尿素窒素は尿検査ではなく、血液検査で確認?基礎からわかる尿素窒素

尿素窒素は健康診断や人間ドックなどにおける血液検査を通じて測定されますが、そもそも尿素窒素とは何なのか、そしてこの物質を検査することで何がわかるのでしょうか。

 

尿素窒素とは

尿素窒素とは、生命活動を維持するために消費されるエネルギー源としてのタンパク質の燃えカスとして作られるアンモニアを無害化するために二酸化炭素と結びつき発生する物質です。

尿素窒素は血清成分を調べたときに、それに含まれる残余窒素のおよそ3割から4割を占める成分です。

 

尿素窒素の検査は尿検査ではない?

尿素窒素の検査は尿検査ではなく、血液検査で行います。

なぜなら、健康な人の場合、尿素窒素は腎臓でろ過されて尿に含まれることで体外に排出されますが、腎臓に何らかの病変が認められる場合、腎臓の機能が低下するため、尿素窒素を腎臓でうまくろ過できず、血中に残ってしまうからです。逆に、数値が低すぎる場合は尿素を生成している肝臓の機能が低下している疑いがあります。

 

尿素窒素検査はどのように見ればよいか?

尿素窒素検査の結果は通常数字で現れます。健康体の人間の尿素窒素の基準値は8-21mg/dLとされますが、年齢・性別、また季節によっても変動があります。

しかしながら、40mg/dLを超えた場合は、腎不全が強く疑われ、100mg/dLを超えた場合は尿毒症の疑いが強く、大変危険な状態であるといえます。

 

尿素窒素検査から疑われる病気

尿素窒素検査を行うことで、上記以外にも以下のような様々な病気が疑われます。

・閉塞性尿路疾患
・糖尿病
・甲状腺機能亢進症
・悪性腫瘍
・脱水症状
・大量の消化管出血
・タンパク質の摂りすぎ

 

以上のように尿素窒素検査は、主に腎臓や肝臓の異常の疑いを教えてくれます。

異常値が出たからといって直ちに問題があるわけではなく、考えうる様々な原因を一つ一つつぶしていき、再検査や他の検査を行うことで原因を特定化していきます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/08/29-349556.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿素窒素(BUN)に関する記事

血液検査の「尿素窒素」項目で引っかかった!考えられる原因とは?

血液検査の結果を見て、尿素窒素で陽性、または要精密検査と記載されていた場合不安...

腎機能の異常を知る!尿素窒素の基準値と異常値を見てましょう

  尿素窒素というのは略号BUNとも呼ばれる健康診断の検査項目で、血液検査によ...

カラダノートひろば

尿素窒素(BUN)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る