カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. サイバー心気症 >
  4. サイバー心気症はインターネットの情報が原因で起こるノイローゼ?!原因や症状とは

メンタル

サイバー心気症はインターネットの情報が原因で起こるノイローゼ?!原因や症状とは

 

サイバー心気症は、インターネットで誰でも病気の症状の情報を手に入れやすくなったために、起こりやすくなった病気です。今回はサイバー心気症が起こす症状と、もしかしたら精神心療科に行かなければいけない場合について紹介します。

 

 

サイバー心気症によって引き起こされる症状

 

心気症とは「ノイローゼ」のことです。その前にサイバーがついている場合、インターネットで自分の体の不調について調べて、病気でもないのに、重い病気にかかっていると心配し続けることを指します。誰でも頭痛、胃痛などを感じると病気にかかっているのではないか?と考え病院に行き検査してもらいます。そして診断で心配が無いと診断されたり、自然に症状が消えれば健康な方は頭痛、胃痛があったことを忘れてしまいます。もっと具体的にいうと、医師からは何度も心配ない、もしくは、検査結果が異常なしであっても、大変な病気にかかっているのではないか?という不安が打ち消せず、インターネットの情報の症状に合致しているからと体の不調を訴え続けてしまいます。

このサイバー心気症を訴えている時に体の血圧や血糖値、ホルモンなどについての数値では病気と診断されませんが、どんどん不安や病気と認めてもらえないストレスが蓄積し、不眠症や不安、欲求不満、うつ症状などの精神的な症状があらわれる場合があります。この場合は心療内科等を受診する必要があります。

 

サイバー心気症や心気症で訴えられやすい病気

 

脳腫瘍、脳卒中、胃がん、高血圧症、心臓病などです。比較的重大で有名な病気が訴えられることが多いです。これらは血液検査やガン検診でほとんどの場合危険性がわかったり、腫瘍が発見されるため、検査をしてなにもひっかからなければほとんどの場合発症はしていません。

 

 

このようにサイバー心気症は、情報社会になったために発症した病気です。インターネットの情報だけでなく実際に診断してもらった医療機関の判断をきちんと確認するようにしてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/04/21-377972.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サイバー心気症に関する記事

情報社会の現代病?サイバー心気症とは?

インターネット上にあらゆる医療情報があふれている現代ならではの問題に、「サイ...

サイバー心気症の患者の思い込みを減少することが大切?精神病の治療について

    サイバー心気症は現在の不調な状態をインターネットで調べ、インターネッ...


サイバー心気症によって引き起こされる症状とは?予防方法について

  サイバー心気症とはインターネットで自分の体の不調について調べて、病気で...

異なる病気と勘違いしてしまう?!サイバー心気症になりやすい人はどんな人?

  サイバー心気症とはインターネットで自分の不調な場所を検索し、診療も受けてい...

カラダノートひろば

サイバー心気症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る