カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿pH >
  6. 尿が酸性かアルカリ性かが実は重要!尿pH検査の目的とは?

健康診断・健康管理

尿が酸性かアルカリ性かが実は重要!尿pH検査の目的とは?

尿検査において尿pHは項目の一つですが、具体的に尿pHとは何なのか、尿pH検査の目的は何かなど具体的な点についてここでしっかりと勉強していきましょう。

 

尿pHとは

尿pHのpHとは水素イオン濃度の略称で、酸性度とも呼ばれます。健康な人の体では通常尿は弱酸性に維持されるように調整されます。一日の間でも尿pHは変化し、特に睡眠時には尿は酸性に傾きます。

なぜなら、睡眠中は肺による喚起機能が低下し、起床時よりも多くの二酸化炭素が体内に蓄積されるからです。

 

また、食事の影響も受けやすく肉などの酸性食品を摂取すれば酸性尿になり、野菜などのアルカリ性食品を摂取するとアルカリ尿になります。そして激しい運動を行うと体内で大量に乳酸が発生し、その影響で尿は酸性に傾きます。

 

尿pHの基準値とは

尿pHの基準値は男女・年齢で特に区別はなく、正常値の範囲は5.0-8.0となっています。そして、アルカリ尿と診断されるのはpH8.5以上、酸性尿と診断されるのはpH4.5以下とされています。

 

ただし、正常値の範囲は検査を行う医療機関や測定方法によって異なるので、必ず検査結果を見る際には正常値の範囲は何なのか、確認したほうが良いでしょう。

 

尿pH検査の目的とは

尿pH検査を行う理由には複数あります。第一に尿のスクリーニング検査がありますが、これは一般的な健康診断が当てはまり、異常値を示していないかどうか確認し、その後の経過観察・精密検査の必要性を判断するための検査です。

 

第二の目的として各種病気の治療のためにpHをコントロールする目的で行うものです。

とりわけ尿路結石症を患っている患者にとっては、尿pHと密接な関係があるため、定期的に尿pHを計測することが大変重要なのです。

 

以上のように、尿pHは様々な要因によって変化するものの、様々な目的で尿pH検査をする必要があるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/ )

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿pHに関する記事

尿pHの検査にも使われるpH(ペーハー)って何だろう?

  酸性、アルカリ性という言葉は聞いたことのある方も多いですし、酸性雨、アルカ...

メタボは尿pHに影響を与える要因?!尿pHと尿路結石症の関係性

尿pHは尿検査の項目に含まれている場合がありますが、この値は尿路結石症の原因...


尿pHの正常値範囲は広いんです!尿pHから考えられる病気…痛風、下痢、糖尿病!

  小中学校で一度は試験紙に液体をつけて酸性、アルカリ性を調べる理科の実験をや...

カラダノートひろば

尿pHの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る