カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 日射病・熱中症 >
  6. 乳幼児の熱中症に注意して!親として気をつけるべき点とは?

育児・子供の病気

乳幼児の熱中症に注意して!親として気をつけるべき点とは?

暑い夏は大人にとっても大変ですが、小さい子供、とりわけ乳幼児にとっても過酷な環境であることは間違いありません。

 

最近では乳幼児の熱中症も多く、親としてどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

 

乳幼児の体温調節機能を理解しよう

人間は暑い環境におかれて体温が上昇してくると、発汗作用によって体温を下げて平温をキープしようとする、いわゆる体温調節機能が備わっています。

 

しかし、乳幼児はこの体温調節機能が未熟です。そのため、大人だとそれほど暑いと思わない場合でも、乳幼児にとってはより負担に感じている場合があるので、注意が必要です。

 

乳幼児はふく射熱を受けやすい

乳幼児はまだ背も低いため、日光が地面に照りつけた後のふく射熱の影響を大人よりも強く受けます(このことはペットの散歩にも当てはまります)

 

特にアスファルトの地面を歩くときには、子供は大人よりも地面からの熱を強く感じていることを理解しておきましょう。

 

子供には無理をさせないように

真夏の午後、炎天下の状況は熱中症のリスクが高い時間帯です。子供は遊びたいかもしれませんが、出来る限り控えたほうがよいでしょう。

 

遊ぶ場合でも、こまめに涼しい場所での休憩をとらせること、そして、こまめに水分補給をすることが大変重要です。また、身に着けるものですが、帽子をかぶせて、衣類に関しては通気性のよいものを着させると良いでしょう。

 

環境省のサイトもチェック!

環境省では、熱中症予防情報サイトを開設しており、暑さを指数で表していて、警戒・厳重警戒・危険とそれぞれカテゴリーがあります。

 

もちろんこれらは目安であって、これらのカテゴリーでなくても、熱中症になる可能性はありますので、しっかりと子供の状態を観察することが重要であることは言うまでもありません。

 

子供は大人よりも水分を必要としているので、長時間買い物など外出しているときでも、水分補給と休息はしっかり行いましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

外で遊ぶ子どもには目を光らせて!熱射病の前兆?!熱痙攣と熱疲労の症状とは?

暑い夏に、外で遊ぶ子供が注意すべきは熱中症です。 あまり知られていませんが...

子どもの熱中症の症状と対処法

       子どもは大人と比べて熱中症になりやすく、重症になりやすいです...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る