カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. ストレス >
  6. うつ病は現代病?昔はなかった?現代人がストレスに弱くなった主要原因3つとその理由

メンタル

うつ病は現代病?昔はなかった?現代人がストレスに弱くなった主要原因3つとその理由

うつ病患者などの精神疾患が増えているのは、ストレスがどんどん増えてきているからだと思われがちですが、実際にはそうではありません。どのような時代で、どのような人生を送ろうともストレスの量にそれほど違いが出るものではありません。それではなぜストレスが原因となるうつ病が増えているのでしょうか。

 

現代人はストレス耐性が弱くなっている!?

時代によるストレス量が変わったわけではないのに、なぜ精神疾患が増えているのか、それは現代人がどんどんストレスに対する耐性を失ってしまっているからなのです。

文明が発達し、人々の生活が豊かになることによって、人の身体からストレスに対抗する能力が失われつつあるのです。

家族形態の変化やパソコンやゲームの普及などがその傾向に拍車をかけていると言えます。

 

ストレスに弱くなった原因

●携帯やメールなどによる他者との触れ合いの不足

●パソコンやゲームなどによる単純作業の繰り返し

●核家族化による子育てやしつけの変化

 

弱くなった理由とは

人がストレスに耐えられる能力は、子供の頃から家族や友人など身近な人達とのコミュニケーションを通じて鍛えられるものです。

しかし、現代社会ではそうした他者との触れ合いの様式がどんどん変容してきており、それによってストレス耐性を鍛えられる機会が激減してきているのです。

 

現代の子供は、人と触れ合うよりもゲームやパソコンなどを介しての交流の方が多くなっており、これではストレス耐性が鍛えられることはなく逆にどんどん弱まってしまいます。

ストレスに弱くなった子供がどんどん大人になることで、次々にうつ病が増えてしまうともいえるでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

人間関係でできた心の傷は人間関係で癒される!心の傷とうつ病

うつ病の原因はストレス、その中でも精神的なストレスが主な要因となります。精神的...

セロトニン不足がうつ病の原因

    ■脳の神経のバランスを司るセロトニン神経の神経伝達物質であるセロ...


心の痛みに注意をはらおう!現代人はストレス耐性が弱い?

人はストレスを感じると心に痛みを感じます。外から見ただけでは判別の付きにくく、...

ストレスは心に悪影響だけではない!体も壊します。その理由と内臓疾患について

ストレスは人間の心も体も壊します。それはなぜなのでしょうか?理由とストレスにつ...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る