カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. クレアチニン(Cr) >
  6. 人工透析の危険性もある!?クレアチニンを測れば腎臓病がわかる!

健康診断・健康管理

人工透析の危険性もある!?クレアチニンを測れば腎臓病がわかる!

血液検査の項目の一つであるクレアチニンですが、これは腎臓の機能を調べる上で有効な値とされています。では、クレアチニンの値からどのような腎臓機能の状態・病気がわかるのでしょうか。

 

クレアチニン検査の目的とは

クレアチニンは血中に含まれる老廃物の一つで、この値を検査する目的として以下の病気の可能性を調べるために行われます。

 

クレアチニン値が高い場合に疑われる病気

・腎臓病 (腎機能障害をもたらす病気)

・急性腎不全 (腎機能が休息に衰えてしまう病気)

・慢性腎不全 (腎機能が失われてしまった病気 原状回復はできないため、人工透析の可能性も)

 

クレアチニン値が低い場合に疑われる病気

・尿崩症

・筋ジストロフィー

 

クレアチニン検査の基準値とは?

一般的にクレアチニンの値が高い場合は、腎臓が何らかの理由によって機能していないため、腎機能障害・腎臓疾患の可能性が疑われますが、具体的な基準値はどの程度なのでしょうか。

 

クレアチニン値については、男女で基準値が異なり、男性の方が女性よりも高い値を示す傾向にあります。正常値の範囲としては、男性の場合が0.6-1.1mg/dl女性の場合は0.4-0.8mg/dlとなっています。

 

危険性が高い値としては、男性の場合が1.6mg/dl以上女性の場合は1.2mg/dl以上の場合は、速やかに医療機関での詳しい診察が必要となります。

 

クレアチニン検査には2種類の検査があります

クレアチニン検査には2種類あり、通常の健康診断や人間ドックなどで用いられるのはスクリーニング検査としてのクレアチニン検査で、主に腎機能が正常に働いているか否かを確認する検査です。

ここでもし異常値を示した場合には、クレアチニンクリアランス検査を行います。この検査ではより精密にクレアチニンの値を調べ、治療の効果や回復過程を調べていきます。

 

以上のように、クレアチニンの値一つからも腎臓疾患に関する多くのヒントが含まれているのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349551.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クレアチニン(Cr)に関する記事

腎臓病の可能性が!クレアチニン値を正常にするために制限したいものとは?

  クレアチンという物質が老廃物となったのがクレアチニンです。クレアチニン...

健康診断の血液検査!クレアチニン値が高い!考えられる病気とは?

健康診断では必須ともいえるのが血液検査です。血液検査ではさまざまな病気の可能...


すぐに無くなる貴重な存在?腎臓の働きをチェックできるクレアチニンってどんなもの?

クレアチニンは腎臓の機能を確認するために健康診断でチェックする項目ですが、そ...

血液検査で見る『クレアチニン』とは?

  腎臓はろ過機能を中心として、体の健康を保っています。 腎臓に問題があ...

カラダノートひろば

クレアチニン(Cr)の関連カテゴリ

クレアチニン(Cr)の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る