カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. マッサージ >
  5. 3歳児は育児の曲がり角?3歳児の子どもを持つ親が覚えておくべきポイント

美容・ダイエット

3歳児は育児の曲がり角?3歳児の子どもを持つ親が覚えておくべきポイント

3歳児になってくると、自己主張がさらに強くなり、運動機能の向上とあいまって、さらに一層親としては心配の種が増えます。

やっと子供が生まれてから育児に慣れてきたところで子供が急速に次のステップへと成長していくのに合わせて、親もまた育児を行う上で、変えるべきところは変えていかなければなりません。

 

3歳児は成長過程における大きな転換期の一つ

3歳児に至るまで子供は常に自分の欲求を満たされて生きてきましたから、自分が世界の中心にいるという感覚があります。これを幼児万能感といいます。

この万能感と発達してきた運動能力とがあいまって、今度は自分でいろいろなことをやってみたいと思うようになります。

何でも自分でやってみようとするのはそのためです。そのロジックは大人からみると、自分勝手で、気まぐれですが、他方で急に甘えん坊になったりするのです。

このように、3歳児になると親への依存と親からの自立という2つの領域を行ったりきたりするようになるのです。

 

3歳児の子どもを持つ親が覚えておくべきポイント

しっかりと子供に向き合うことには変わりはない

子供が赤ん坊の頃は、何もできない赤ん坊を目の前に子供と一体となって育児をしてきた親も、子供が成長するにつれて徐々にその一体感が失われていきます。子供が一つの人格・一人の人間として成長している証ですが、それと同時に親もそのことを自覚して人対人として子供に向き合うことです。

 

規範意識と毅然とした態度で叱ること

ルールやマナーは3歳児にはちょっと早いと考える人もいますが、3歳児になると他者へ迷惑をかける場合もありえます。そのため、時間をかけてでも繰り返し繰り返し教えていき、規範意識を植え付けていきましょう

そして、叱るときも、感情的にならず、きちんと自身をもって叱りましょう。

自身がなく叱ると子供は見抜きます。

感情的に怒ると子供は怒られている内容を理解せず、ただ嵐が過ぎるのを待つ、そんな状態に陥ります。

 

子供と同時に親も育児を通じて成長していきたいものです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/06/11-347974.php?category=51)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

マッサージに関する記事

自宅で簡単オイルマッサージ

自宅でリンパマッサージのポイント リンパマッサージは滞ってしまっているリン...

精神的にも身体的にも効果あり!?タイ古式マッサージについて

■タイ古式マッサージの効能  タイ古式マッサージの効能は、身体の凝りや疲れを癒...


エステ広告の揉みほぐしマッサージ後の-XXセンチはウソ?

   揉み解しマッサージのダイエット効果 揉み解しマッサージでダイエット効果...

自宅でできる!腸もみマッサージで便秘解消

      腸もみマッサージで便秘解消      ダイエットで大切な...

カラダノートひろば

マッサージの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る