カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 入浴 >
  5. 冷えはダイエットの天敵です!お風呂場でできる!太らない体質づくりとは?

美容・ダイエット

冷えはダイエットの天敵です!お風呂場でできる!太らない体質づくりとは?

痩せる体質を作れたら、と多くの人が思いますが、あながち夢物語ではありません。

日常生活において、どのような点に気をつければ太りにくい体質を作ることができるのでしょうか。

 

1 冷えはダイエットの天敵です

冷えは健康に悪影響を与えるだけでなく、ダイエットにとっても大敵だということをご存知でしょうか。

体温が1度下がるだけで、基礎代謝量がおよそ12%低下するといわれています。

基礎代謝量が減ればそれだけ消費されるカロリーが減るので、ダイエットには逆効果なので、できるだけ体を温めることが重要です。

 

2 温活のすすめ

そこでおすすめなのは温活です。その筆頭に挙げられるのはお風呂です。基礎代謝を高めるからだを作るためには、37-40度のぬるめの温度に半身浴することです。半身浴といった場合、だいたいみぞおちの下ぐらいまでお湯につかる程度で良いでしょう。

この状態で20分以上つかっていると、汗がたくさんでて、血行も良くなります。

脱水症状を防ぐため、水をお風呂場に持ち込んで適宜水分補給をしましょう。

 

3 高温反復浴もおすすめ

高温反復浴も脂肪燃焼効果の高いお風呂の入り方です。これはどのようにするかというと、42度ぐらいの比較的熱いお湯に全身を3分浸かり、洗い場で休憩するのを4-5回程度繰り返します。

 

体が冷えた状態だと、水分や脂肪が体内に滞留しやすくなります。血行も悪くなるので、むくみやセルライトの原因にもなります。

上記の温活を通じて、体を温め、太りにくい体質作りに努めていきましょう。

日々シャワーで済ましている人も、お風呂の時間はダイエットの時間だと思って、リラックスしながらダイエットしてみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/21-024564.php)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入浴に関する記事

半身浴で汗をかくことに美容効果はない?入浴の効果について

半身浴で汗をかくこと自体に美容効果はない 半身浴はもともと、心臓病や高血圧...

一石二鳥?毎日のお風呂タイムを有効利用してダイエット!

毎日のお風呂をシャワーで簡単に済ませてしまう人も多かと思いますが、入浴することで...


水風呂で脂肪を燃焼

 脂肪を減らすダイエットは何も運動や食事制限だけではありません。脂肪は何のために...

ダイエット中の空腹感、どうしたらいい?空腹を克服する水風呂の効果を知っていますか?

ダイエットをする上で最も手強い敵は空腹感です。 ダイエットに挑戦して、あまりの...

カラダノートひろば

入浴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る